輪廻転生-神

     輪廻転生-神

ここに来た人に、あるということが立証できないからと言って、無いとは言えない、ことについてのお話をします。

輪廻転生

 

私はできる限り簡単な言葉を使い、記します。難しい言葉を使い、惑わしたりはしません。

人は、 難しい言葉を使い、知的さを見せる人の言葉に「なるほど」と思います。

人は、 清貧である、清貧に見えるだけで、その人の言葉に「なるほど」と思います。

人は、 宗教服を着た人や、宗教家という人が話します、、、、、、答えます。
などと言われるだけで、その人の話すことに「なるほど」と思います。

しかし、あなたには、姿が見えない、難しい言葉を使わない、そんな私に対して懐疑的になるのは当然のことです。私の話す事も、信じられなくても仕方ないことで、信じていただく方法もないでしょう。でも、生まれ変わる前の世界から話します。

私は、宗教家でもなく、宗教とも一切関係しません。

宗教とは、この世にだけあるもので、あの世と言われる私たちの世界にはありません。宗教とは、この世での罪をこれ以上重ねないために存在するものなので、決して悪いものではありません。悩んだ時には、どこの宗教でもよいので、門をたたいて教えを乞うのも非常に良い方法です。

しかし、先に述べたように私たちのいるあの世と言われる世界には宗教などという分裂するものは全くないので、残念ですが、全くやくに立ちません。この世にいて、どの宗教を信じようともそれは自由であり、良い行いをあなたにさせてくれる場所と考えても良いと思います。

特に一つの宗教にこだわらず、いろんな宗教の門をたたいて、いろんな良い話を聞くことは良いと思います。私に、どこがいいですかと聞かれれば、どこでも同じです。

 

私は、あなたのいる世界で使う言葉でいうところの「あの世」と「地獄」と「天国」と「神」は、どこに位置するのかを話す事で、あなたがこの世で善なる人になることを願って書きます。それが神の化身の使命です。

生まれ変わる

この世で人が死ぬと、はじめに「あの世」に行きます。

あの世で、あなたが「地獄」か「天国」のどちらに行くかを、あなた自身で選択します。私は宗教のように恐怖を植え付け、信者を獲得する必要がない、宗教団体でもないので、真実を伝えるだけです。

私には何も必要ありません。私に何か捧げたいと思うのなら、それをあなたの隣で困っている人に捧げてください。

しかし、このままでは間違いなくあなたはあなた自身で地獄を選択します。天国を選択する方法を、確実に教え、絶対にいい加減な言い回しで伝えません。神はあなたであり、大木の神は、天国であなたを待っているのです。

地獄を選択すれば、千年の間たった一人であなたが想像する、また想像できないほどの苦しみの地獄の生活を送ります。それから生まれ変わるのです。そのすべてが輪廻転生。天国へ今度こそ行きたいと思って、輪廻転生をするのです。

天国を選択すれば二度とこの世に生まれ変わることはありません。そして、選択した通りの世界へ行きます。すべて欲しいものが手に入ります。しかし、天国に行ったあなたは、全ての欲望がありません。

あなた様の疑問は、必ず、どこかの章に書かれています。もし、全章を読んでみて嘘だと思うならば、このようなところは詐欺だと言えばいいと思います。絶対の約束を守って下さい、それはあくまでも全章を読んでからの話であるという約束を、あなた様は約束を守れないような愚か者ではないと思うから。

重要:鴻恩のごとく最新の章から読むのもいいです。または第一章から読むのもどちらもよいと思います

神より
「我が子よ、最新の数百章のページの一番新しい章から読めば、最初のページから三ページ以上づつ読みなさい。そうするといつか近づく日が来る。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

私が伝えるのは、神の七つの掟だけであり、それが全てです。

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできるチャンスを逃さない【言葉を発する】

■ 動物を食べない(魚や貝類も動物です)

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任

■ 我慢

■ 奉仕と施し

どこの章から読んでもかまいませんが、必ず。すべての章を読まなければ、関係があると思われる章だけを読んでも、残念ですが時間の無駄遣いになってしまいます。

 

お願い:私がこの世に降りてきて、ここで話を書くために、私の言葉を理解させている人が三名います。

私が、この人達の肉体に降りて来るのですが、私が抜け出ると大変な疲れが襲います。その為、この三名は定職に就くことができません。私が出ると二日間は休まなければならないからです。

私は寄付もお布施も受け取りません。必要が無いからです。

注意:代筆者より。私たち代筆者は、神の化身の文言の内容により、動画をYouTubeより共有しています。そのほとんどが、年齢制限がありますので、準拠してください。

また、画像につきましては、Pixabay(https://pixabay.com/ja/)様の、無料画像を使わせていただいております。Pixabay様ありがとうございます。代筆者一同より

 

 

神の化身より

輪廻転生-生まれ変わり

生まれ変わり

輪廻転生/ Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.