輪廻転生-神

     輪廻転生-神

ここに来た人に、あるということが立証できないからと言って、無いとは言えない、ことについてのお話をします。

輪廻転生

 

私はできる限り簡単な言葉を使い、記します。難しい言葉を使い、惑わしたりはしません。

人は、 難しい言葉を使い、知的さを見せる人の言葉に「なるほど」と思います。

人は、 清貧である、清貧に見えるだけで、その人の言葉に「なるほど」と思います。

人は、 宗教服を着た人や、宗教家という人が話します、、、、、、答えます。
などと言われるだけで、その人の話すことに「なるほど」と思います。

しかし、あなたには、姿が見えない、難しい言葉を使わない、そんな私に対して懐疑的になるのは当然のことです。私の話す事も、信じられなくても仕方ないことで、信じていただく方法もないでしょう。でも、生まれ変わる前の世界から話します。

私は、宗教家でもなく、宗教とも一切関係しません。

私は、あなたのいる世界で使う言葉でいうところの「あの世」と「地獄」と「天国」と「神」は、どこに位置するのかを話す事で、あなたがこの世で善なる人になることを願って書きます。それが神の化身の使命です。

生まれ変わる

この世で人が死ぬと、はじめに「あの世」に行きます。

あの世で、あなたが「地獄」か「天国」のどちらに行くかを、あなた自身で選択します。

しかし、このままでは間違いなくあなたはあなた自身で地獄を選択します。天国を選択する方法を知って下さい。神は、あなたであり、神は、天国であなたを待っているのですから。

地獄を選択すれば、千年の間たった一人であなたが想像する、また想像できないほどの苦しみの地獄の生活を送ります。それから生まれ変わるのです。そのすべてが輪廻転生。天国へ今度こそ行きたいと思って、輪廻転生をするのです。

天国を選択すれば二度とこの世に生まれ変わることはありません。そして、選択した通りの世界へ行きます。

追記:私には何も必要ありません。私に何か捧げたいと思うのなら、それをあなたの隣で困っている人に捧げてください。

      それでは  、右側にある、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むこと、それが絶対の約束です。救われるために

 

どこの章から読んでもかまいませんが、必ず。すべての章を読まなければ、関係があると思われる章だけを読んでも、残念ですが時間の無駄遣いになり、七つの掟は守ることはできません。残念な人になるだけです。

 

お願い:私がこの世に降りてきて、ここで話を書くために、私の言葉を理解させている人が三名います。私が、この人達の肉体に降りて来るのですが、私が抜け出ると大変な疲れが襲います。その為、この三名は定職に就くことができません。私が出ると二日間は休まなければならないからです。この三名のことを考えると奉仕ができていると思います。私もいつでも降りられるわけではありません。

注意:代筆者より。私たち代筆者は、神の化身の文言の内容により、動画をYouTubeより共有しています。そのほとんどが、年齢制限がありますので、準拠してください。

 

第一章へ   

神の化身より

輪廻転生-生まれ変わり

生まれ変わり

第一章:善と悪

輪廻転生/ Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.