愛すべき人:第九十五章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

愛すべき人

 

神と雲

愛することは受け入れることです。

あなたが許せないと思う相手がいたら、あなたの過去も許されることはありません。

怒りを捨てて下さい。怒りを持つものには平安が訪れることは無く、怒りを受けることになるからです。

あなたの周りの全ての人を愛してください。

あなたの今日という日が、あなたのものでないことを知って下さい。あなたのものではなく、あなたの愛する人たちに手を差し伸べる一日であることを知って下さい。

あなたの愛すべき人は、あなた以外の全ての人で、今日すれ違った人も愛する人です。

愛してください

あなたの見知らぬ愛する人は、年老いていて、近くで立っているかもしれません。何気ない一言があなたに幸せな一日をくれることでしょう。

何もせずに通り過ぎるのを待つこともできます。そして今日も過ぎていくかもしれません。
あなたの向こう側にいる人は、あなたです。愛してください。

愛とはさりげない優しさです。誰にでもできる、さりげない行為です。

愛とは、拒否されることもあります。その時には素直に引き下がること、それが愛です。
しかし拒否されるだろうと親切に奉仕や施しができるのに最初からあきらめるのは愛ではありません。

一度も通りすがりの人に親切にせずに終わる人生、急ぐ命は亡くなった後で嘆くことになるでしょう。

あなたにも愛を行い、愛を感じることができるのです。それはあなたの行った行為により与えられるあなたの胸の中で大きく脈打つ愛であることは間違いありません。

親切に奉仕や施しができた愛あるものは、賢者であり、できなかったもの逃げたものは愚か者となり、また輪廻転生を繰り返す事になります。

愚か者は、今日の一日に後悔をし、賢者は、今日の一日に感謝をする。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)