輪廻転生-裁判官:第二章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

輪廻転生-裁判官

輪廻転生50

生を無くした瞬間は、生を無くした人によって時間が全く違いますが、いずれにしても、あの世(例え)の入り口に入ります(輪廻転生、生まれ変わりの逆の入り口)。

この時に人は「善」である魂だけになって、「悪」は一切存在しません。

善の塊の魂とは、悪いことを全く考えられない状態です。

ようするに悪いことを「この世」でおこなって「あの世」にくれば、それを究極に「悔やむ」のが魂です。

さて、肉体(悪)を無くした人たちは「善」のみになり、あの世の入り口に入ります。

あの世の入り口を入ると、神ではなく裁判官(例え)がいます。

裁判官は、優しく、その椅子にお座りください。あちらを見て下さい。あなたが生まれてから、亡くなるまでの全てをお見せします。

すると走馬灯のようにあっという間にすべてを見ます。

あなたは肉体を亡くしたのだから、悪がなく、善の塊です。

そして、あなたが自分で天国か地獄かを、あなた自身で決めるのです。

地獄はあなたのあなたが作った地獄であり、神も誰も作ったのものではありません。

裁判官といっても、命令をされることはなく、本当にやさしく、話をしてくれます。

 

天国と地獄への階段

裁判官は、あなたに聞きます。天国か地獄のどちらに行きたいのでしょうか。右の穏やかな道を登れば天国です。左の坂を下れば、地獄です。

右か左か、決めるのはあなたなので、さて、どちらに行きますか。

 

今日から、今ここに来た時から下記の、七つの掟、神の掟をすべて守れば必ず天国へ行けます。どんな悪行を今までしてきてもです。

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)