第二章:輪廻転生-裁判官

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

輪廻転生-裁判官

輪廻転生50

生を無くした瞬間は、生を無くした人によって時間が全く違いますが、いずれにしても、あの世(例え)の入り口に入ります(輪廻転生、生まれ変わりの逆の入り口)。

この時に人は「善」である魂だけになって、「悪」は一切存在しません。

善の塊の魂とは、悪いことを全く考えられない状態です。

ようするに悪いことを「この世」でおこなって「あの世」にくれば、それを究極に「悔やむ」のが魂です。

さて、肉体(悪)を無くした人たちは「善」のみになり、あの世の入り口に入ります。

あの世の入り口を入ると、神ではなく裁判官(例え)がいます。

裁判官といっても、何らお叱りの言葉を言われたり、命令をされることはなく、本当にやさしく、話をしてくれます。

裁判官は、あなたに聞きます。天国か地獄のどちらですかと。

 

今日から、今ここに来た時から下記の、七つの掟、神の掟をすべて守れば必ず天国へ行けます。どんな悪行を今までしてきてもです。

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできるチャンスを逃さない【言葉を発する】

■ 動物を食べない

■ 罪を犯さない

■ 我慢

■ 奉仕と施し

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。
困難でなければ、「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

あの世/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.