幸福感:第五百八十三章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

幸福感

 

幸福感

今回は下記を相談フォームから頂きました。
————–
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
ここに来て焦っています。問題が山積みで今までの生き方は、思うことが完成できずに生きてきました。もっと早く知っていれば、今のような焦りでがんじがらめの状態にはなってなかったと思うと残念ですが、どうすれば今まで思ってきたやらなければならなかったことや過ちが許されたり成し遂げられたりするのでしょう。
人のためにやれば直ると言われても、良いことをしても悪いことに使われたら何にもならないと思うのです。
睡眠障害になっているようで、夜寝る時にも悪いことばかり考えます、朝起きた時から憂鬱が始まるのは、どうすればよいのでしょうか。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
————–

お手紙ありがとうございます。

 

過去と未来

昨日までを振り返っても不完全が多く、それは未来に完成する可能性を秘めていると思い、今を生きているのでしょう。

しかし、未来に完成は約束もされなければ、昨日までの思いは完成することが無いものがほとんどなのです。

ここに来たのなら、もう何も焦る必要はありません。矛盾と問題はいつも推理する知性の中から抜け出ることは無く、あなたがもうすぐ終わりだと思った時は、もうすぐ始まりです。

問題を問題だと受け入れるから、いくつもの悩みに苛まれて堕ちていくのですから、問題を問題だと受け入れないことです。

でも、問題を問題と受け入れない方法は、実際にその問題が形を現して、あなたに降りかかって来るまではほっておくことです。すると問題の数は減り、悩みごとも減ることになります。

問題が来てから考えても何も遅くはないし、それよりもそれは問題では無かったということになることの方がかなりの確率であるのです。

 

問題をため込まない

真理を歩く時には、日々俗人の思いを捨てて進んでいるけれど、何も問題はなく辛いことをしているわけではない。

私の伝えていることも、あなたの喜ぶ笑顔の為、幸福と思える心の為、ラッキーだと飛び上がるために説いていることで、出来ないから問題を抱えるだけのことなのです。

辛いことを敢えて押し付けたりはしない、ただ、毎日を幸福な思いで過ごしたいのなら、行為を行う以外には無い。

そこで項垂れていては、問題がどんどんとのしかかってくるだけなのです。外に出て、他人だと思っている自分と同じ神である他者を助けて見て下さい。席を譲って見て下さい。必ず、あなたは幸福になれるのだから。

このような幸福ならば私欲を持たない廉潔であっても、人を幸福にする代わりに自分が幸福になる私欲ならば、持てばよいのです。

本当の幸福感は、善行からしか味わうことは出来ない、それ以外の幸福感は瞬きするまに通り過ぎて、絶望感へとシフトしていく。

今生では多くの者が自分のために生きるから艱難と苦しむのであり、自分以外の人々のためになろうと道を歩けば、幸福になるのです。

幸福感は、しみじみと心に沁み、やがて情操という高い次元の自分自身を見ることになるのですから、その日を日々楽しみなさい。

 

酷薄ではない

あなたの善なる行為を、相手が酷薄にしようともそれを考える必要は無いのです。行為とはさせて頂いたときに幸福感を感じるものであり、その後、相手がそれを酷薄に扱おうともあなたには何の問題もないのであり、万が一そこで思っていたことと違うと怒りだすのなら、それは、あなたの善なる全ての行為を無駄なものとすることになるので、それであれば最初から止めておくことです。

あなたの善なる行為の後で、相手が酷薄に見えてもそれは違っているのです、決して酷薄に見えて酷薄ではないことを知る日が来るので安心していなさい。相手が酷薄に見える時、相手は恩に報いたくて行った行為が、急ぎすぎ、やり方を誤り、そうならなかっただけのことなのです。

あなた方の善行に報いるため、焦って誤った方向に向いてしまった者もいるが、今は学び、時間をかけて報いる道を見つけ歩いている。

街を歩いても、見落としてしまいそうな風景の中に、あなたを幸福にするものが潜んでいることもあるので、見落とさないことです。

自分の力以外に頼るものは無いことを忘れないで、だから、あなたが助けなければならない、あなたが助けるから、あなたが幸福になれるのです。重い荷物を持つ者には、声をかけて上げなさい。ご一緒に持ちましょうかと。

夜寝る前には、今日行うことが出来た善行にほくそ笑みなさい。朝起きたら、今日はどんな良いことをしようかと笑顔で目覚めなさい。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/