輪廻転生-人を殺す:第二十七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

輪廻転生-人を殺す

 

人殺し

人殺しとは、無差別殺人や、恨みによる殺人、数えきれないほどの呼び名の、人殺しがありますが、罪の量刑の違いは、この世に存在する法律のもとだけです。

しかし、肉体=「悪の魂」を無くした後の、あの世という世界にいった、「善」だけの塊であるあなたが、自分自身に着せる罪の重さに量刑などなく、着せる苦しみは、如何なる殺しもまったく同じで、計り知れぬ苦しみです

ただ、特段人殺しだけが計り知れぬ苦しみというわけではありません。

一つの「嘘」「悲しませる」「傷つける」などと、一つの「殺し」には、その苦しみにおいて、あの世で、自分自身を、自分で裁くときの、苦しみにさほどの差は、ありません。

仮に、許すことができないほど憎い相手がいて、殺したとすれば、前世で相手が決めて来た結果なので、殺すも殺されるも双方が願ったことです。

人殺しについては

人殺しを勧めるわけではありませんが、殺された側は、輪廻転生、生まれ変わる前に自分で決めてきた、この世に終止符が打てることから「幸福」なので、特段、殺して悩む必要はありません。

それよりも、殺された人の周りの人は悲しみ苦しむことでしょう。それに対してこの世であなたは謝罪をし、謝罪の念を込めなければならず、その人たちの悲しみを一生背負って生きなければなりません。そうでなければあなたは許されません。

但し、殺した相手の事は考える必要などありません。

ここであなたが犯した「罪」は、人を殺したことではなく、その周りの人を「悲しませた」事になります。

最後に、ほんのわずかですが、人を殺すことに罪の意識はなく「快楽」で、殺す人もこの世にはいますが、それは見て学ぶための存在です。

二度と生まれ変わることがないために「償」を忘れないでください。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)