信仰を持つこと:第六百十一章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

信仰を持つこと

 

信仰

今回は下記を相談フォームから頂きました。
———–
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
私は、かれこれ30年ほど前にある事件で世の中を震撼させた宗教団体の枝分かれした団体に入って信仰しています。
そこでの教えに今は疑問を感じながらも、信仰心は無くさずにいる状態です。神様ならばわかると思うのですが、このままこの団体で生きて行ってもよいのでしょうか。
今は疑問に思っていることも考えてはいけないと思って、修行が終わってからの外の街並みが疑問だらけに見えて困っています。信仰とはこのようなものなのでしょうか、疑問に思ってもそれは私の浅はかな考えに過ぎないのでしょうか。最近は私の考えと違っていても受け入れる努力で気持ちは精一杯です。
どれくらい疑問に思っているのかというと、教えの半分近くが疑問です。教えてください。
・・・・・・・・
・・・・・・・・
———-

お手紙ありがとうございます。

教会と寺院

信仰は、蔽護のように守るものであり、決して疑ってはなりません。しかし、あなたの話を聞く限りでは、半分近くも差異があるのならば、そこはあなたのいる場所ではないでしょう。

私はいろいろな章で、信仰を持つために、いろいろな教会や寺院等を回って話を聞くことは、とても良いことだと話しています。

但し、この世で信仰は役立つものであり、天国には信仰などありませんので、信じれば天国に行けると思っているのなら、大きな間違いです。

今からでも、今の信仰は捨てずに、いろいろな場所へ行き、神への考えを聞いてみることです。

そして自分に合う場所があれば、半分近くも疑問に思う今の信仰を捨てて、自分に合う場所で、いつも話を聞くことです。

だからといって入信する必要はありません。あなたが間違った行いや俗欲に嵌まらないために、話を聞くだけのことです。

 

天国

生きて行く限り惻隠の心、他者への思いやりを忘れてはなりません。生きて行くのに必要なことは、それだけで良いのです。

憐憫に思った時には、そ人に声をかけて助けることが、何よりも大切であり、そのようなことを教えてくれる場所を探してみることです。

人というものは、己のことを弱いと考えることが多々ありますが、決して弱くは無いのです。だから強い信念を持つためにも、信仰はよい役割りをしてくれます。

例えば、「私の教えを信じれば天国に行ける」という場所があった場合で、他者への親切や思いやりが、何よりも大切であることを説かない場所であれば、止めておいた方が良いでしょう。

そのような所は、神を知らないのであり、教祖は堕落した者なのです。他者に思いやりや親切にしないで、天国に行けることはありません。

しかし、信仰を持ち、その信仰が、他者に親切にして生きることを説くのであれば、あなたを強くすることになるので、信仰を持つことは、この世でしか役に立ちませんが、とても良いことです。

 

寺院や教会

聖人を見つけることが出来るのが一番よく、欽仰の如く、思い慕い、悩みごとも忘れるくらいに、教えを忠実に守り、他者のために生きることです、聖人を見つけることは大変なことかもしれませんが、どこかの教会や寺院にいるかもしれないので、いろんな場所を回ってみることです。

今回の相談者への答えは、あなた方全ての者に言えることです。信仰を持たなくてもよいけれど、神の七つの掟が出来ない者は、聖人を探すためにいろいろな場所へ行くこともよいことです。

聖人がいなくても偏狭のように、考えが低く、考えが狭い者となってはならない。何も学ぶ必要もなくただ只管に、他者のために生きるのです。不要な学識は他者を負かそうとしたり、人を見下す者となりやすいのです。

真の智慧者は、他人を軽侮することなど無く、他人の意見を聞き、それが正しいかどうかを判断して行動するものであり、剥き出す者ではありません。

衷情のように、嘘や偽りのない人生を生きなさい、そして他者を助けて生きなさい、それが真理の道を歩くことと近ずくことが出来ることであり、そうして生きるのであれば、信仰はあまり必要は無いかもしれません。

かといって、教会や寺院等に行くチャンスがあれば、門をたたいて話を聞いてみることです。そして、その教えを吟味して、行為に移すかどうかを考えてみることが大切です。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/