輪廻転生 生涯を終えるときに:第六十章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

輪廻転生 生涯を終えるときに

 

生涯を終える

逢いたい人に会えたでしょうか。

何度も胸の中の自分を感動させて泣いたでしょうか。

多くの人の背中をさすってあげることができたでしょうか。

他者に愛を与えたでしょうか。

どう生きたでしょうか。

どれだけのことを残したでしょうか。

どれだけのことをやり遂げたでしょうか。

どうでしょうか、思い残すことがなく、胸の中にいるあなた自身に恥じることなく、肉体に勝てたでしょうか。

これらすべてはただ一つ、他者にどれだけの奉仕ができたかです。

奉仕ができるたびに、あなたは感動します。

さて、生涯を終えようとするあなた、どうですか、もうあなたの肉体は朽ち果てますが、やり残したことは、奉仕とはすごく簡単にできたことだったことを今は知るでしょう。

でも、もうやり直すことはできません。肉体が無くなるのですから。

なぜ、耳元でささやく誘惑の方を見て進んだのでしょうか。欲望に、肉体に、負けてしまったのでしょうか。

まだ、生涯を終えるのには、時間があるというあなたには、これから奉仕はできるでしょうか。他者に親切にできるでしょうか。

今のままであれば、今の目で見えるものを羨ましく思い、生涯が終わるときに、生まれ変わり、輪廻転生をしてきたことを達成させず、やり残したものの大きさになげくことになるだけです。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない ヴィーガン

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

投稿者: kaminokeshin

輪廻転生・自殺・天国・地獄・ヴィーガン・ベジタリアン・神・生まれ変わりにつて、神が書いています。宗教など天国には存在しない、天国に行くのにお金なども必要が無いことも書かれています。 全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。