第五章:輪廻転生-Ⅰ子どもが親を選ぶ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。

 

輪廻転生-Ⅰ子どもが親を選ぶ

輪廻転生-19

今回のお話は、輪廻転生と子供の話を記しましょう。

天国に行った人は、前にお話ししたように輪廻転生はありません。

生まれ変わるのは、地獄で数えられない月日、千年、過ごしてきた人だけです。

ということはほとんどの人(九十九%)が地獄を選択していますので、多くの人が生まれ変わるということです。

地獄へ行くことを神が決めたのではありません。決めたのはあなた自身です。

人間は、残念なお話をすることになるかもしれませんが、人間にしか生まれ変わることはできません。

生まれかわるときに、どのようなことをして生まれ変わるのか、その方法を大まかになりますが、お伝えしましょう。

まず、自分で勝手に作った地獄から出ます。

地獄から出ると、すぐに妊婦さんを探します。

この妊婦さん探しには人それぞれですが、時間がかかるものです。

なぜ、時間がかかるのかというと、地獄を選んだ自分自身が、罪の償いをすることができる家庭や環境、将来などを考え選ぶからです。

自分の犯した罪の償いのためには、いろんな環境を選びます。

ある意味、大金持ちの家庭の妊婦さんを選ぶ人もいれば、真逆の貧乏な妊婦さんを選ぶ人もいます。

妊婦さんの選び方は、人それぞれが「善の塊」である時に選ぶので、自分が苦しくなる家庭を選ぶのです。金持ちが幸せなんて嘘ですから。

俗にいう「子どもは親を選べない」ことは、その逆であることを知って下さい。

子どもが親を選ぶのです。

選ばれなかった妊婦さんは流産することになるか、生まれてすぐに死ぬかです。

この生まれてすぐ死ぬには二つの違いがあります。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

(代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生-神 All Rights Reserved.