夢を叶える人と叶えられない人:第二十章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

「夢」を叶えられる人「夢」を叶えられない人

 

夢をかなえる

今回の、輪廻転生、生まれ変わり来た、この世での「夢」の話をします。

さて、この世には「夢」を叶えられる人と「夢」を叶えられない人がいます。

ここで言う、「夢」とは、子どもの頃、大人になってから、どちらでもよいのですが、あくまでも、この世での将来への「夢」です。

例えば、子どものころに、○○になりたいと思い、そして、実際に○○になった、夢を叶えた、というような場合を例にとると。

「夢」を叶えられた人は、本当に思い描いた通りの夢を叶えたのでしょうか。

「あの人は、夢を叶えた」と、羨む人たちが、外から見た姿だけであり、夢を叶えたこととの、引き換えに、夢を叶えられなかった人には、わからない「悩み」等を持つことになります。

それと「夢を叶えた」という人がいたならば、それは、わずかの年月だけです。

その叶った夢が続けば続くほど、羨む人たちには、想像もできない、「悩み」、「恐怖」などが最後の日を迎えるまで、終わることはありません。

私がお話しているのは、「夢を叶えた」ように見える人も、「夢を叶えられなかった」人も、差し引きゼロで同じだということです。

でも、夢が一瞬叶い、それが生涯続かない人も多くいます。

よく見てください、あなたの周りにもいることでしょう。

一時は「夢」がかない、羨ましがられる存在になった人がいたとして、その人が、その「夢」をなくしてしまった場合、その人は、必ず、一度見た夢の世界が忘れられず、喘ぎ、苦しみ、もう一度、その夢を見たいがために、罪を犯す、でも、もう夢は叶わない、その末路を。

破滅

この世での、「夢」は、叶わない方が、良いかもしれません。

でも、あなたが思った通りに進めばよいと思います。

この世で叶った夢は、どんなに長くても、たかだか数十年で終わります。

たった数十年で終わる、夢のために、どれだけの犠牲を。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

神より
「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)