第九章:自然死、自殺、あの世の門-Ⅰ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。

 

自然死、自殺、あの世の門-Ⅰ

 

自殺、自然死

 自然死

自然死とは、この世に輪廻転生、生まれ変わる前に、あなたが、あなた自身で決めた「時間」が来た時に、肉体から魂が抜けだす。  その時をいいます。

 自殺

自殺とは、この世に生まれ変わる前に、あなたがあなた自身で決めた「時間」が来る時を待たずして、自分の肉体を殺すことを言います。

この世では、自殺も自然死も死ぬ=肉体をなくすことに大差はありませんが、その後は違います。

自殺には、いろんな方法があります。

自殺をするならば人に迷惑をかけない自殺をしましょう。

迷惑がかかる自殺の方法も沢山ありますが、少しだけ例をあげます。

賃貸物件で自殺、事故物件になりオーナーに迷惑をかけます。

電車に飛び込み自殺、電車の利用者に多大な迷惑をかけます。

高層ビル・マンションからの飛び降り自殺、脳みそを掃除をする人に迷惑をかけます。

数えればきりがありません。迷惑をかけない自殺の方法もあるので、「償」を行えないままの、自然死か自殺、選択は「この世」では自由です。

ここまでの話は、「この世」での自殺の軽重で、誰かに迷惑を、かけるか、かけないか、ということです。

一つ、今まで書いた「迷惑」をかけない、自殺の方法もある、というのは、あくまでも、他人に対してです。

自殺をした、あなたなら、この話にうなずいていますね。

そうです、あなたを知る周りの人、親族、などには「悲しませる」という、大きな「罪」を犯してしまいました。

自殺での悲しみは、自然死の何倍もあります。

ただ、あなたの自殺のために、悲しみ、あなたを思い、涙し、辛い思いをする人たちが、悲しみを味わうために、輪廻転生してきたことを知っていますね。あなたは。

なのに、自分は、と今は悔やんでいるんですね。

残念ですが、もう、あなたには、その悲しみを癒してあげることはできません。

 

さて「あの世」では、自殺と自然死では「全く違う次元」のものとなります。

先に書いたように、「自然死」は決めてきた時間が来たので、例えこの世に降りてきた、大義である「償い」が出来ていなくても、戻らなくてはいけない。残念な人生でした。

「自殺」とは、「償」という大義を放棄し、決めてきた時間が来る前に、自分で肉体から逃げ出すことです。

自分が決めてきた「償い」がこの世でできなくても、自分で決めてきた生ある「時間」を全うしなかったことは、非常に、かわいそうな人です。自殺者にはあの世に入れない、何よりも苦しい長い一万年の彷徨いが待っているのです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

(代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

Copyrightmc 輪廻転生-神 All Rights Reserved.