神ーあなたの胸の中に神がいる:第五十九章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

神 あなたの胸の中に神がいる

 

胸の中に神がいる

あなたの胸の中に居るものは何か知っていますか、あなたの胸の中に居るのは神です。

何かに祈るのであれば、自分の胸に両手のひらを当てて祈ることです。

朝に祈ることは、「今日も誰かのためになれるチャンスをください」

眠る前に祈ることは、「今日も穏やかに過ごすことができたことに感謝いたします」

と、自分の胸に祈ることです。

あなたの中に神がいる限り、祈るのは、感謝するのは、お礼するのは、あなた自分自身になるのです。

決して欲望を祈らないことです。

確かに祈れば手に入るでしょう。ただ、あなたが今、生まれ変わろうとしているのであれば、あなたの欲望に神は答えません。

でも、あなたの欲望をなすため神にお願いした場合、その代償に、永遠と悪欲に浸り、輪廻転生、生まれ変わった意味をなくし、あなたの中に居る神を悲しませ、冒涜することになるでしょう。

そのために何が起こるのか、それはあなたの胸に聞いてください。あなた自身が答えるでしょう。

私は以前にも話したことを改めて記します。

胸の中に神がいる2

あなたが誰かに怒りを覚えたとき、その人の胸を見てください。その人の胸には、神がいます。

あなたは神に、暴言を吐くのでしょうか。

絶対に怒りを鎮めなければならないと、考えるのです。

怒りの炎を鎮めるためには、コップ一杯の水を飲み、七回深呼吸をすることであることです。

あなたは、どこかの場所で祈る必要はありません。

あなたが神に祈るのは、自分の胸に手を当てて、自分の中に居る神に祈ることを忘れないでください。

祈る内容は、誰かのために奉仕と施しが明日もできますように、と祈るのです。

他者のために、肉体に負けないで、奉仕と施しができる事だけを祈り、実際の行動に移すことが前世までの償いになるのですから。

追記

欲望とは、不足する物質を手に入れたいと望むことであります。

誰かのためになりたい、人を助けたい、優しくなりたい、悲しませたくない、等々と思う心は、欲望ではなく、あなたがこの世に降りてくる前に決めてきた自然のおこないであることを忘れないでください。

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)