第百三十四章:神 は言う連綿と暗くはない

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

神は言う連綿と暗くはない

 

自殺,輪廻転生,お金

人にあるものは「暗い」という時しかありません。

どんなに明るく見える人にも、同じだけ以上に暗いものがあります。

暗い人にも、明るさはありません。

悲しみは悲しみを、苦しみは苦しみを呼ぶのです。それに打ち勝つために輪廻転生をしてきたのです。だから負けることはありません。

七つの掟を行えば、心の魂が明るくなり、あなたは微笑むでしょう。

どうせ自殺をするのなら、最後に何でもできるでしょう。
それなら、自殺の前に奉仕と施しをして見て下さい。

自殺,炎,奉仕

 

あなたの暗さなど連綿と続くものではないのです。連綿と続くのは、あなたが動物へも人間にも良い行いをすることで、徐々にあなたの死は早々過ぎていることに気が付き、自分で決めてきた時間まで生きることを思い出すのです。

人は悲しいかな、輪廻転生の時に持ってきた肉体があります。

その肉体は、貧しきものは、普通の金持ちを目指し、普通の金持ちはより以上を求める。そこには終結がない。

そして、金や物を欲しがるものは、すべてを持たぬ心貧しきものとなる。

心は神であり、あなたが神なのです。

それなのに神を騙して人を騙す。

そしてお金のために、自殺するものまでがいる。

お金は食べる分だけあればよいのです。それ以上は、あなたより貧しい人に分けてあげなさい。それがあの世から降りるときにあなたが決めてきたことなのだから。決して残り物ではいけません。

この世の喜びを呼ぶと思っているお金は、あなたを狂わせるものだということを知りなさい。

貧しいものにお金を分けた時や、七つの掟を行った時にこそ、あなたの胸の中の神は喜び、あなたはお金がなくても、大金持ちという心の喜びを持てるのです。

 

今、あなたには貧しくてお金が全くないかもしれない、でもお金のために自殺をするなど、最も愚かな行為です。

あなたは日雇い労働でも働く場所は無いのでしょうか、そしたら物乞いをしなさい。それが、あなたがこの世に降りるときに決めてきた人生なのだから。

乞食,奉仕,施し

何も恥じることは無い、人に対して七つの掟を行いなさい。特にわずかなお金しかないなら、その中から、人のために使いなさい。

そうすれば、連綿と続くと思っていた暗い闇が遠ざかり、あなたが旅立つ日を笑顔で迎えることができます。

天国,神,自殺

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.