第百五十八章:恩

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返しなさい。愚か者にならないため、救われるために。

 

道を案内する猪

ある日のこと、父親と八歳の娘が山林を探索中に道に迷い困っていました。

そこへ一頭の猪が現れ、首を振り、まるで私について来なさいと言わんばかりのそぶりを見せました。

猪は、豚と同じで人間の三歳児から四歳児の能力を持っているのでできたのでしょう。

親子は、このままでは日も暮れるし危険なので、その猪にかけてみることにしました。

猪は、ゆっくりと歩き、街が見える場所まで案内をしてくれました。

親子は、猪の頭をなでて感謝の言葉を告げました。

それから一年たっても、親子はあの猪の恩を忘れることはありませんでした。

しかし、五年が過ぎたころに、近所の人たちとバーベキューパーティーをやることになり、親子そろって参加しました。

そこには、一匹の猪が横たわっていました。

家主は得意げに、一匹丸ごと買ってきたんだよと言いながら、内臓を取り出し、肉を切りながら、火の粉がたつ網の上にどんどんと乗せていきました。

親子は、喜んでその猪の肉を美味しそうに頬張りました。

猪の恩忘れ殺す

 

そしてパーティーが終わり、親子が家の前に着いた時に、一頭の猪がいました。その猪は何も言わず、ゆっくりと山の方へ帰っていきました。

 

恩を忘れた人から去る

人は人に恩を受けても数年で忘れてしまいます。覚えてはいても、時がたったのだから今さらと、自分に言い訳をして、いつの日か忘れていきます。

恩を仇で返す人間同士が、たかが一匹の動物の笑顔や恩など五年もたてば覚えているわけもありません。

動物は、痛めつけられたこと、食べられたことを、一生涯忘れることはありません。
それは、あの世に行ってからも忘れません。友達の神に申し訳ないから。

第百五十六章で書いたこと、必ず、あの世であなたは制裁を受けることになります。

あなたは恩のことを灰塵のように扱う愚か者になってはいけません。恩には必ず報いることが必要です。特に、その本人でなくてもよいのです。他者の誰かにでもよいのです。必ず報いなさい。

うわべだけの言葉で、取り繕うことは、必ず、あなたがあなたにその報いを与えるでしょう。

私は、恥ずかしい、屋烏之愛と言う言葉があります。愛情深いことです。愛情深いというのは、いつまでも良いことをされたことは忘れてはならないということです。

いつか、七つの掟を、夢の実現を、あなたが今日から行えることを、神は心から願っています。

神の元へ、行くことを願い。

 

代筆者に捧ぐ

あなた方には、恩を忘れない者の話をしましょう、最初のページで話したように、私の言葉を代筆してこのページを書いている人たちが三名います。

その人たちは、私が体に入り、私の言う通りに近い言葉で、あなた方に伝えています。しかし、私が体から離れると、二日くらいは休まなければ起き上がることもできないほど、体の負担は大きいのです。

私は、彼らに何も与えません。彼らは、七つの掟をいつも守つています。それは、あなた方の中で、七つの掟を守るものと同じにしか私は特別な何かを与えることもありません。

それでも、彼らは、私が体に入るたびに毎回二日も休まなければならないほど疲れます。二日も月に何度か休めば当たり前のように解雇にもなります。このサイト運営費は彼らが払っていますが、彼ら三名とも今は無職で生活もままらない状況です。

彼らには、一人当たり月十万円は家賃や生活費を合算して必要でしょう。彼らが仕事を見つけるのには最低三か月(それ以上か、それ以下なのかは彼ら次第でしょう)は必要ではないかと思つています、それは彼らが安定して月に急に休んでもいい職場を探すための時間です。彼らは努力家なので、きっとこの困難も、人の力を借りることなく、この三か月で、まじめに頑張れる策を考えるでしょう。

もし彼らが食べるものもなく、家賃が払えないために追い出され、路頭に迷い死んだどしても、それが彼の決めてきた、時間が来たからです。でも、彼らはまだ死なない、物乞いをしてでもあなたのため私のために、もう少しだけ生きるのです。

寒さ暑さに耐え、それでも人のためになるのならと、私の言葉を代筆して書いています。人は寒い季節には暖房が欲しいでしょう。暖房のための電気はネットとともに切れるために、暖房は使いません。そして、熱い季節には体に水をかけしのいでいます。

彼らは私の言葉を伝える、ある意味では私と繋がっている限り、私の教え通り彼ら三人は絶対に寄付は受け付けません。当然私もです。

あなた方は、彼らと違い、貧しい人に施しをすることを忘れてはなりません。また、施しを誰かにされる時に断ってはならないことは以前に話しています。その理由を。

彼ら三名は、ネットで鼎談する事があっても、一度も互いに会ったことはありません。それは、私のある理由で会ってはいけないと言っているからです。それと、互いに遠い離れた場所に暮らしているのもあります。

彼らのおかげで、私の話が聞けること、彼らの恩に報うために、七つの掟を守って下さい。

私は、何も彼らに徳は与えません。七つの掟を守るあなた方と同じです。特別な扱いはできません。

当然、私もお金を渡すことは出来ません。私の世界には、お金というものが無いからです。

屋柳落月の思いは、友人を思う切なる心で、彼らは何の利益もなく書いているのです。せめて、恩にだけは報いなさい

報い方は、七つの掟を守ることです。これ以外にはありません。

神が、あなたの額に必ず口づけをしますように。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。あなたを救いたいから。
神の化身より

/Copyrightmc 輪廻転生. All Rights Reserved.