第七章:輪廻転生-Ⅲ-償い-Ⅰ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。

 

輪廻転生-Ⅲ 償い-Ⅰ

 

輪廻転生-15

この章では、前世の記憶についてお伝えします。

さて、生まれ変わるということには「償い」という大義を持ってきます。

「償い」という大義を持って生まれ変わってくるのは、あなたが決めてきたことであり、神が決めたことではありません。

ただ、償いという大義を覚えていては簡単に部分的に抜粋して「償い」を行えば済むことになり、そんなために長い長い年月を、自分で作った地獄という世界で暮らしてきたわけではありません。

先にも話した中にありますが、生まれかわるには、まず、自分で想像して作った「地獄」から出てきていることが前提です。

この時点では、まだ、肉体(悪の魂)はないので、善の塊です。

善の塊のあなたは償いを確実に履行させるために、今ある記憶をすべて無くすことを願います。

輪廻転生-16

「記憶を無くす願い」、、、、、ここで問題なのは「願い」は行ってはいけない行為なので、自分では何もできません。

あの世からの出口にいるのは、肉体を無くした時の入り口で現れた「裁判官」とは違いますが、同じように何でも聞き入れてくれ、その答えに導いてくれる「天使」がいます。(「天使」という言い方は、あくまでイメージです)

そして、妊婦さんのお腹に入った時点で、あなたの生まれかわる前の記憶を消してくれます。

ここで疑問に浮かぶかもしれませんが「記憶を消す」と、誰に、または、何に、「償い」をすればいいのか?

また、自分の「罪」に応じた「償」ができる家庭を選んでいるのに、生まれると同時に両親がいなくなる?こともあるのは?

「償い」とは?「償い」とは特段前世やそれ以前の世で罪を犯した相手に直接行うものではないのです。

「罪」と自分が思う「心」を償う、ことなのです。ようは「罪」を犯した相手に「償い」を行う必要はないのです。誰に対して「償い」をしても、「償い」になるのです。

「償い」は、最も重要なことなので、いずれ読み進めれば、いくつかの章で分かるときが必ず来ます。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

神より
「我が子よ、新しい章を読めば、最初のページから三ページ以上づつ読みなさい。そうするといつか近づく日が来る。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.