第百十四章:輪廻転生-黙示

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

輪廻転生-黙示

 

暗闇の中でもあなたは意思表示を行わなければならない。

生まれ変わる

道は天涯のごとく遠いものではありません。残された時間は僅かしかありません。何を迷っているのでしょうか、どうして儚い夢を待っているのでしょうか。

どのような場面であろうとも守るべきものを守らなければならない。

言い訳はあなた自身が認めない。そしてあなたが許さない。

誰もあなたを責めたりはしない、ましてや神も責めはしない。責めるのはあなた自身であることを必ず知る日が来る。

腕の傷は弱いあなたの証拠であることをあなたは知っています。

黙示

ここで相談者のお一人に話したことの中から抜粋して少し話します。

生まれてきた環境も、自分であの世で生まれ変わる前に決めてきたことです。誰が決めたものではなく、あなたが決めてきた環境です。人として誰かに敷かれたレールなどありません。七つの掟を守り、法を犯さないのであれば、自分の道を進まれればよいのです。

輪廻転生、生まれ変わってきたのは、あなた自身が決めてきたことです。

自分自身に問いかけても、答えなど見つかることはありません。私は何度もいくつかの章で記してきました。自殺をすれば、今の苦しみなど比にならないくらい苦しむだけです。

あなたが過去世で犯した罪の償いをせずに逃げるのであれば、いつ償いをするのでしょうか、あなたの目の前にはいくつものハードルがあります。今ならまだ飛び越えられる高さ、登り超えられる高さです。

でも、いつかハードルは飛び越えられないほど、高くなっていて、あなたは、残念な人になり、罪の償いをしない人になるのです。

輪廻転生生まれ変わる

残された時間は、自殺など考えているうちに、実際に死を迎えることになり、やり残した決めてきたことに対する悔恨の情、いや後悔してもしきれない思いとなり、時間を終えるのです。

人は畏敬の念を持たれる必要はない、すべての人が畏敬の念を持たれる必要がない但し、七つの掟を守らなければならない。

 

私は同じ話、同じことを百回言います。

 神の化身より

 

Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.