第百十五章:誘惑を空と為す

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

誘惑を空と為す

 

誘惑

耳を塞ぎなさい。誘惑というささやきが聞こえなくなります。

眼を閉じなさい。誘惑という羨望は見えなくなります。

鼻をつまみなさない。誘惑という甘い香りはしません。

 

俗世には、あなたを誘惑するものがあふれています。しかし、それがなければ輪廻転生をした意味がありません。

ある章でも記しましたが、ひとり山に修行と称してこもっても、そこには誘惑が存在しません。誘惑がなければ生まれ変わった意味がありません。

滝行をしても、禅で警策を浴びようとも、聖典にも、あなたにとっては何の意味もありません。

誘惑の中にいてこそ、誘惑に負けない知恵を絞り、耳目鼻を上手に使い、誘惑に負けず、七つの掟を行うのです。

誘惑があなたから離れることは死ぬまでありません。しかし、誘惑に勝てば、誘惑は徐々に薄れていき、誘惑に惑わされることは無くなります。

その為には、耳目鼻を上手に使いながら、七つの掟を行うのです。それ以外に誘惑が去ることは無く、あなたは誘惑にがんじがらめにされ、最後の日まで、もがきあえぐのです。欲しくて欲しくてしょうがないでしょう。手に入れたくてしょうがないでしょう。

欲望

 

あなたにとって生きるということは、七つの掟で申し上げているように、他者のために生きるのであり、自分のために生きるのではないことを、よく理解されていると思います。

あなたはあなたに欲望を与え、あなたを試す。あなたはあなたに与えた欲望を人格の成長をもって誘惑に打ち勝たなければならない。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.