努力は楽しみ:第六百七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

努力は楽しみ

 

努力を楽しむ

あなた方が歩かなければならない道、その道を何度往来しても誰にも害を与えることは無いが、あなたにとっては時間を使い切ってしまい、右へと進めない状態のまま時計の針を止めることとなる。

あなた方はせっかく歩くべき道を見つけても、俗世の知恵を持つが故に、こまごまと詮索をしては、唯々歩くことを躊躇することになっていることがある。

あなた方は、あなたの中にいる、あなたという神を信じることなく、外にいると感じている神に手を合わせて救済を求めている者もいるが、大木の神はあなたには何もすることは出来ない。

あなたは、あなたが神となるために、あなたという神を胸の中に入れて、罪の償いのためにこの世に生まれ来たことを忘れてはいないことでしょう。

今日ここに来るまでの過ぎたことを嘆いても何の役にも立たない、それよりもここに来て気付いたのだから、こざかしい足掻きは止めて、胸に手を当て、胸の中にいるあなたという神に、他者の為に尽くす生き方を思い出させていただき、過去世までの罪の償いのため他者のために生きることです。

 

神への道

あなたをあなたが歩くべき神への道を歩かせまいとする、この世の煩いからの解放は、ほんの少しの努力を使い、他者へ奉仕をするだけで解放されるのです。行ってみなさい。必ず、努力は楽しみ喜びとなる。

他者に奉仕することで、誰かに誹られても嘆くことは無い、あなたが他者に親切に優しくする行為こそが、あなたの過去世までの罪の償いとなり、あと少しだけ生きる今生の後の時が許される時間となるのです。

あなたがここに来て話を聞いても、心が塞がったままでいるのならば、それは、他者への優しさよりも、己を甘やかすことに縋っているからに他ならない。

己を甘やかしても構わない、但し然る他者にはそれ以上に優しくなり赦すことが出来なくてはなりません。

行為は無理な努力で行う事ではなく、楽しめる努力こそがあなたに与えられた力であり、努力することを十分に楽しむことです。

努力を楽しめるものとするためには、目的を明確にすることです。目的とは過去世迄に犯してきた罪の償いを行う事であり、最終的には神となることです。

神となることを目的としたときに、努力したことは喜びとしてあなたに帰ってくるようになります。

 

道を行き来

八歳だった少年が、身体障害の者を見て怖くて泣きました。彼が二十歳を過ぎたころ、彼は自分の流した涙のために、どれだけ障害者が傷ついたのかを考えるようになり、それを罪と考え、障害者に償いをするために、障害者を探しました。

しかし、これは探す時間を無駄に使っているだけになり、まして、過去世で犯した罪の場合には、相手はこの世にもいなければ、あなた自身もその罪を思い出すこともできません。

だから、何度もいうように償いは誰に対して行ってもよいので、困っている人の手を取ったり、席を譲ったりをして、罪の償いをすることです。

あなたが、あなた自身の心が疲れていると思うのならば、それは道を前へと進まずに、行ったり来たりと同じことを繰り返しているからであることを見なければならない。

あなたが行き来を繰り返すことを止めることは、他の誰の為でもなく、あなたの為にやめなければならない。それは、感情に捕らわれないことで前へと進むことが出来る。

感情には、怒りも喜びも落ち込められているが、それらを求めたり、離れようとしても、あなたを包んでやむことは無い、だから、気に留めないことである。

あなた方が、努力すればそれは喜びとして帰ってくることを知り、感情に捕らわれなくなった時に、あなた方は聖人となり、至人と呼ばれるようになるのです。

 

努力と神

この世では、他者のために生きる者よりも、その多くは己を愛して己の欲のために生きているので、あなたが他者に親切にしても、あなたが他者から親切にされる機会は少ない。

しかし、親切にされた時には、全身で崇敬の念を示して見せることです。すれば、親切にした者も、また、他者に親切にするようになるのです。

あなたが他者に親切にすることは、ここに来て知ったのだから当たり前のことですが、大半の者は知るを知らないのだから、そのチャンスを受けたときには、その行為のすばらしさを称えることで、その者を成長させてあげるのです。

あなた方は、始めなる者であり、始めなる者は有なる者であり、無なる者の手本とならなければならない。

神の七つの掟は難しいと、行為に移さない者でいることは、生きることに拘っていたことを、肉体を無くしてから後悔することになるが、その時に後悔をしても取り返しはつかない。

ここへ来て神の七つの掟を心に刻む者は多くいても、目覚める者は数が少なく、目覚めたと自惚れては物知り顔をするだけで、行為は長くは続かない。それでいてはならない、目覚めたならば行為から喜びと楽しみを得なさい。

肉体は有限であるからこそ、悪行は必ず終わりを迎える。悪行の終わりを肉体に任せていてはならない、悪行は肉体が呼吸している間に、無限である心によって制御し、神への道を歩かせることです。

 

自由に生きる

神に手を合わせ祈る時間があるのならば、その時間を使って、例えば殺されていく鶏一羽を助けることが出来るかもしれないなら、鶏を助けることに時間を費やしなさい。

鶏は、エサを探さなくても十分に与えてくれるからといって、体を動かすことも許されない狭いケージの中で、一生卵を産み続けることを望んではいない。

鶏は、例え千歩歩かなければ僅かな餌に辿り着くことが出来なくても、自由に歩ける生き方を渇望している。

あなた方も同じで、悪行を働く狭い肉体の中にいて、欲望を渇望する生き方を望んではいない。

あなた方が本当に望んでいるものは、罪の償いを行い、神となり自由になることを望み、唯只管に残り少ない今を神の七つの掟に沿って生きることである。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/