時は戻ることは無い:第五百五十九章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

時は戻ることは無い

 

時は戻ることは無い

今回は下記のお手紙をご相談フォームから頂きました。
————-
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
私の心は良いことをしたいと言っているのは分かるので、神の化身様の言う通りなのですが、時間は過ぎても良いことがあまりできずにいます。
チャンスを逃すなと言われても出来ているのは2割程度のように思われます。
このまま時間ばかり過ぎていき7つの掟もやりたいという気持ちばかりで、やった気になっています。本当は何もできていないのに思っていれば、やったように感じているので何も本当はやっていないような、ユニセフへの寄付は思い出した時に僅かな金額ですがしています。
私の中ではたとえ千円でもすごいやったと思っているのですが、私の給料からすれば本当はもっと沢山するべきなのに、それすらできません。
神様を信じていれば助かると思っている人たちと同じで、7つの掟をやるんだと言っているだけで救われると思っているような自分がばかだと思うのです。
どうしたらいいでしょうと聞いても、やりなさいと言われるだけなのは分かっているので聞くこともできないし、このまま時間切れになると怖いのですが時間を戻していただき人間をやり直したいのです。このサイトに初めて来た日まで私を戻してくれたら必ず出来るというかやって見せます。
今の私は7つの掟を願うというか私以外の人にさせようと友人に私でもできるからやってみると気持ちがいいよと言いながら他人にやらせて自分は実はやっていない、これは愚か者ということですよね。人にすすめて人がやれば自分がやったと思うのです。簡潔に申し上げますと、良い話を教えて下さる人が実は裏で何もしていないというそんな人間なのです。
時間を戻してください。必ずやります。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
————

お手紙ありがとうございます。

時は戻ることは無い、時間はあなたと共に進んでいる、あなたが寝ているときにも、あなたの時はあなたの鼓動と共に進んでいる。

どれだけ布団の中で、時間が過ぎればと蹲っていても、時はあなたを追い越すことは出来ない。

それ故に時を戻すことは出来ない。

これが私からの答えです。あなたが欲しかったと思っていたことは、このことでしょう。

 

時が華を駆らす

あなたがあなたの力で解決するには、あなたが道を歩く以外には無い、徳を持たないあなたは、道を歩くことでしか、何があろうとも、時間を操ることは出来ない。

花瓶の華は枯れかけているのだろうか、すれば時がたったのか、水を変えて上げなかったのか、前者は神であり、後者はあなたの罪である。

己の罪を認めて、土に返してあげなさい。そして、一言、今日からこの土の上に毎日に水を上げるからというのです、そして実際に毎日上げ続けなさい、枯れた花もあなたを赦すことになる。

これを人に置き換えてみて、あなたの周りを見てみることです。時は解決しない、時の中であなたが解決させる努力をするのです。

努力は決して直接的である必要は無い、かといって間接的ではいけない、ただ只管に努力してみることで、時もあなたと一緒についてきて、時が経ち努力は何らかの形で、あなたの望む方へと向かわせてくれる。

 

時と努力

努力しない者達は、時が解決するとして何もしない。それでは、一つの問題が解決しても、また、問題がやってきて、それを繰り返し時を無駄にする。

街を御覧なさい、憎しみ合う者、暴言を吐く者、噂話をする者達が、雨後の竹の如く、あなたの前に現れすぎていくだろう。私は違うと思っているのなら、神の七つの掟を守っているからだろう。

そんなくだらない事に時を使う者達は、それをその中だけで零れ落ちていく人生を過ごすのです。

時を己のものとして、時がすぐに無くなることを忘れないで、時を大切に使いなさい。すると時はあなたを引っ張るようになり、あなたは時の力で自然に神の七つの掟が出来るようになる。

畢竟するに、時を超えることは出来ても、何もしない者には時は何も解決してくれないのだから。

巧まずして今日までを無駄にしてきたとしても、私に話しかけた今日からが始まりと思いなさい。

 

時と涙

あなた方は、今回の相談者のように神の七つの掟を人に勧めても、己で出来ていない者もいるのだから、今日からは己も伝えた相手を師として行為をし、そして師となりなさい。その行為によっては、時を変える徳があなたの手に入るかもしれない。

あなた方に、もう一度言っておく、時は戻らない、時は戻せない、時は勝手に過ぎてはいかない。そして時はいつの日か、あなたの鼓動と共に止まる

鼓動が止まるときに恐怖の涙を流すことがあってはならい。神の七つの掟を達成した喜びに、自分で自分を褒める涙を流しなさい。

 

 

神の七つの掟

■ 神の言葉: 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 神の言葉: 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神の言葉: 動物を食べない ヴィーガン

■ 神の言葉: 罪を犯さない

■ 神の言葉: 恩と責任・恩に報いる

■ 神の言葉: 我慢

■ 神の言葉: 奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/