第四十章:愛 する妻により天国へ-Ⅲ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

愛する妻により天国へ-

 

天国へ旅立つ

 

——————————

妻が去った後、私は妻の言葉を守ろうと必死で欲望を我慢する日々を過ごしました。

でも、妻の願った通りに完璧には生きられたわけではありません。

そして、私は誰に看取られることもなく、小さなアパートの一室から、この世を去りました。

私は、その後、あの世へ行き、裁判官の前で「地獄」に行かせてほしいとお願いして、地獄に行き、地獄から出た私は、「罪」の「償」のために妊婦を選び、前世に生を受けました。

この世に降りてきたときには、あの世で決めてきたことは当然ながら忘れていて、六歳までは、ごく普通の子供でした。

六歳にあることを目にするまでは。

六歳の時に、養鶏場をやっている親戚の家に遊びに行き、そこで、鶏の殺しかたをみて、あまりの光景に、怖くてその怖さで号泣してしまいました。

それは親戚の人が鶏を一羽連れて来て、生きたままなのに、私の目の前で、迷うことなく、鶏の首を切り落としたのです。

鶏は、頭がないのに、胴体だけで走りました。

私は怖くて、そのばから動くこともできず。

六歳の私は、その日以来、鶏肉が食べられなくなりました。

いや、鶏肉も、他の動物(魚介類など)も、全てのものが同じに見えて、動物である限り、食べられなくなりました。

八歳になるころからは、揚げたり、焼いたりしていても、元が動物である限り、食べることを拒否するようになりました。

家族がイギリスやアメリカから出されている、野菜で作る肉もどきの料理に関する本や資料を基に、野菜だけでも十分に栄養を取ることができる料理を作ってくれて、普通に成長することができました。

私は、子供のころ食事の事がきっかけとなり、周りの子達からいじめられました。

いじめられたことが原因ではないのですが、いじめに対して怒ることは絶対に、繰り返しいじめられると考え、この頃から、怒りを捨てられるように成長しました。

でも、いじめられ続けた二年間は、本当につらかったです。

やってもいないことを、やったといわれ、「やっていません」と先生に言えば、嘘つきにされ。

盗んでもいないのに、盗んだ責任を被され、先生からも毎日いじめられました。

私は、嘘はつかない。私は、人を騙さない。と子供ながらにも自分に言い聞かせ成長しました。

いじめられていた頃は、本当につらかったのですが、大人になり仕事を始めてからは、そのいじめに感謝するようになりました。

小さなことでは動揺することもなく、人には優しく親切だと評価され、勤め先でも、誰よりも信頼されるようになったからです。

そして、私は私が決めてきた全てを(九十五%くらい)やり終えることができ、決めてきた時間に世を去り、そして、これが私のこの世での最後の生となりました。


 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

副題:輪廻転生、生まれ変わりの終わり

 

生まれ変わり/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.