輪廻転生-生まれた時に泣き叫び:第四十七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

輪廻転生-生まれた時に泣き叫び

子供7

母親の膣を通り母体外へ出てきたときに、なぜ、泣くのかは、肺呼吸に関係していることなど、証明ではなくても、科学的に分析して語られていることはあります。

呼吸等のために本当に必要であれば、泣き叫ぶ以外にも方法があります。

生まれて来たことを「喜び」と思うのであれば、「笑う」という行為も一つの方法です。

泣き叫ぶ、その涙の理由は、輪廻転生、生まれ変わり、この世に降りてきたことにより、これから始まる、今生での「苦」に、泣き叫ぶのです。

でも、その涙は一時だけで終わり、この世の「苦」などわかりません。

しかし、涙で表現することが、いかに周りを動かすのに効果があるのかをしり、そして、泣き叫ぶことを、、効果よく使うのです。

そして、いつの日か、泣き叫んでも誰もいないことに気づき、今生の終わりの日を迎えます。

六歳を過ぎたら大人の気持ちもわかるようになり、ほとんどの子は八歳を過ぎれば、成人を過ぎた人や三十代以上の、大人より、大人になります。

子供と呼ばれる子から、驚く発言を耳にしたこともある人は少なくないのではないでしょうか。

子供たちのため(自分の子という意味ではありません)、今の世の中で、大人が何をすべきか、大人たちが子供を守り、子供たちによりよい未来を与えられる社会を作らなければならない。

という大人の人を見かけることでしょう。

残念ですが、そのようにシュプレヒコールを唱和するような行為が、子供たちにどのような影響や、どのように映るのか、あなたの子供のころを思い出すことも良いかもしれません。

子供9

子供も大人も含め、自分以外の人を守る、助ける、ということは非常に良い「善」という行為になります。

子供に特化することだけでは、大人より大人を守るだけになり、偏ってしまいます。

あなたの隣で、困っている人を見かけたら、子供も大人も関係なく、助けてください。

必ず、その行為は無償の奉仕となるからです。

そして、それは、あなたがこの世で行わなければならない行為なのです。

子供と呼ばれていた大人は、いつの日か、泣き叫んでも誰も動かないことに気づき、今生の終わりの日を迎えます。

それでよいのでしょうか。

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)