経験と勝者:第六百三十六章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

経験と勝者

 

物を持つ勝者

今生にいる多くの者は、胸の中のあなたという神の言葉を聞かず、己よりも財を持つ者の持ち物に慞憬するが、それが本当に己に必要かどうかを考えることも無い。いえば、己に無いものを持ちたがり、嘗試をして手に入れたとしても、過ぎて行く経験に過ぎない。

一度の経験に依拠してはならない、同じ経験を繰り返しながら、真にその経験は生かされるものとなる。

しかし、今の己に満足することが無い者は、己より財を持つ者が経験したことと同じことをするだけの財が無いのだから、いっそのこと今の己よりも財を持たぬ者に憧れることを何度も繰り返すことが良い。

神が、今のあなたに試練を与えているのでも無ければ、経験を積ませているのでもない、全ては、あなたがこの世に降りてくるときに決めて来たことです。

しかし、決めて来た道を踏み外している者が大半を占め、虚空の中で、手に入れると決めてきていない物を手に入れようと藻掻き苦しんでいる。

そして、他者に対する敬虔すらも忘れてしまい、他者に対して遜ることもしないで、今を生きているという者がいる。そのような者は、肉体があるだけで、胸の中の神を殺しているも同じことなのです。

胸の中のあなたという神を殺す者を、大木の神が慨してやまず悲愴な思いで見ていることを忘れないことです。

 

勝者と敗者

生きる上で、何も欲さない者が勝者であり、敗者は、奔騰する金色の馬の尻尾にしがみ付き、離すものかと形相な顔でいるが、力尽きて地面にひれ伏せば、衣服はすべて剥がれ落ち、周りの者から嘲笑されている。

あなたが兵士だとしたら、戦いの場で敵人を殺しなければならないが、殺された者の家族は、兵士だからと理解する者は稀であり、敵国を憎みながら時が来たら死んでいくが、それは、生きる上での敗者であり、勝者は誰をも憎むことを知らない。

敗者となってはならない、何も欲さず、誰も憎まず、勝者となってこの世を去ることが、あなたが、この世に降りる時に決めて来た、一つであることを覚えて置くことです。

あなたも敵軍と同じようなことをして、また、金色の馬の尻尾にしがみ付き、他者を騙すようなことも行いながら、過去世までには生きてきている、その罪の償いも、この世に降りて来た一つであり、あなたは、大切な物や心を盗人に盗ませることもいとわないと決めて来たのですから。

 

ハードルを飛び越える

あなたは、功を為しても名を残さず、名を残すというのは、功を自慢げに話すことであり、話した瞬間に、功から得られた尊くけだかい行いと功を為した経験も無くすことになる。

功をしたいと望み、金色の馬などに慞憬することも無いのなら、前が見えないほどに塵埃が舞っている時でも、前に進めないと嘆くことは無い、胸の中にいるあなたという神が、あなたの道を、あなたの手を取り進めてくれる。

何も欲さず、勢いよく善行と言うハードルを飛び越えた時でも、足がもつれて地面に叩きつけられることもある、それでもすぐに立ち上がり前を向き困っている者のために道を進まなければならない。

毀誉褒貶は神の七つの掟を繰り返した経験からも生まれる、その心中は何事にも動じることのない強固なものとなり、褒められても浮かれることを知らず、誹られても嘆くことも知らない者となる。

 

物を持ちたい

甚だしく惨い行いを受けても、相手がそれで喜ぶのならと、それを有難い罪の償いのためと享受し、相手を憎むことも知らぬ者となった時は、天の門が近くなったことを示している。

己より、物を持つ者を嫉視するのなら、あなたより物を持たぬ者からあなたも嫉視される。また、その者よりも物を持たぬ者から、その者も嫉視され、最後の者は物を持つ者を見て、可哀想にあんなに物を持っていたら、どれだけ重たくてしんどいだろうと心配をしている。そのような者になった時、天の門が近づいてきている。

沢山のものを持つ者のように、奢侈したいのならば、そのようになれるように棺に入る日まで、俗世で暮らせばよい。沢山のものを持つ者が、どれだけ重たく、日々心配事ばかりで、いつも盗まれないかと眠れぬ夜を迎えている者もいる。哀れんで差し上げることです。

いつも浩然として、他者に穏やかに遜り接する者は、必要以上の心配事を抱えてはいない。そしてそのような者は、必要以上の物を持ちたいと願うことも無い。

必要以上に物が欲しいと俗欲という悪習を改められない者は、無理をして改める努力をする必要は無い、但し、悪習と同じだけ、他者の為になりなさい。すれば、いつか気が付いたときに、悪習が千里の向こうに飛び立って、他者の為だけに生きれる者となる。

私は同じ話を何百回としているが、未だ倣う者は少ない。私は、私に託された全ての者が、いつの日にか、倣うことを信じて話し続ける。しかし、私がいつまでこの世に降りて来られるのかは、大木の神が決めることであり、必ず、降りて来られない日は来るのです。

私の話を聞きたくない者も、聞きたい者も、私の話を読む必要などは無く、いつも言うように、神の七つの掟だけは行いなさい。すれば、右の道へと進む勝者となる。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/