第五十六章:輪廻転生-檻の中に入った人間と動物

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

輪廻転生-檻の中に入った人間と動物

 

人間と動物

あなたは刑務所に入ってしまった囚人と同じです。

動物園や水族館の檻の中に居る動物と同じです。

刑務所の房の中に居る囚人を見ているのと同じです。

動物は囚人として、狭いその場所で一生を終えるのです。本来なら大地で思うがままに生き、大海原で生き、生涯を終えるはずだったのに、あなたにより囚人とされて、人前にさらけ出されているのです。

広い大地をかけることも戦うこともなく、毎日毎日決められた場所を行ったり来たりするだけで、動物としての本能も発揮させることができないまま、囚人として生涯を終えるのです。

あなたがその立場になれば、どうでしょうか。助けてくれと叫んでも、言葉は誰にも理解されず、指をさされ、その生涯を檻の中で終わるのです。

あなたは動物園の動物と同じになってはなりません。

あなたを束縛しているのは、あなた自身なのです。

欲望という牢獄に入っているために、自由をなくしているのです。

普通に暮らしたい、お金が欲しい、等々はすべて欲望です。この欲望のために無駄な時間を使っています。

人間と動物2

あなたの貴重な時間は何のためにあるのか、それは前世やそれ以前の生で行った「罪」の「償い」を行うためにあります。

「償い」については今までの章で何度も話してきました。それは、輪廻転生を行う時に決めた七つの掟の根幹となるからです。

「償い」がないのなら、生まれ変わることはなく、天国に行っています。

「償い」を行わずあなたは何をしているのですか。

「償い」の方法は、いかに簡単なのかは過去のいくつかの章で話してきました。

簡単なことなのですから、それを知った今から始めなければ、誰も地獄を選択するあなたを助けることはできません。伝えに来た私も助けられないのです。

あなたには天国であなたが来るのを誰よりも待つ形があります。地獄を選択する生き方はやめて、簡単なのだから、天国へ行ってください。

追記:動物園にいる動物をかわいそうだと思ってあげてください。

人間は人間の本能で言葉を教えられなくても生まれた国の言語が話せるように、動物も人間に餌を与えられなくても、本能で餌を探します。

人間と動物3

大地にいる動物は餌がなければ、自分の命が朽ち果てることも、これが自分の生涯と思い、仮に肉食動物に食べられても、人間が戦争やテロで死ぬのと同じで、死んだあと、これが自分が決めてきた時間であることを知り、動物は大地や大海原にいる限り満足して帰る場所に帰るのです。

しかし人間は、死ぬまでの時間内に「償い」を済ませたかどうかで、地獄か天国かを選ぶので、この点が動物とは違うのです。

人間に食べられるために育てられる動物は、一度も囲いの向こうを知らないまま、肉片にされ人間に食べられるのです。

一度でいいから、囲いのない世界に行きたかったのに。

大海原で生涯を終えたかったのに。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.