神と乞食と成長:第四百五十三章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

神と乞食と成長

 

神への成長

あなた方が、眺めているものは何でしょう。やり直したい過去でしょうか、それは、人を傷つけたことか、分かれ道で、どちらを選ぶか悩んだときに、左の道を選んだことだろうか、愛を落としてしまったことだろうか。

ふいにすることは特にあなたにだけあることではない、誰もが、大切なものを沢山、ふいにする、そして今になって気が付く。

でもね、それは、それでいいんだよ。そうなるように、あなたが決めてきたのだから、もう、出かけて遠くへ遠くへと行くことは、止めなさい。また、今を眺める日が来てしまうのだから。

人が成長するときに必要なもの、言い換えれば、人が成長するために必要なこと、それは、塗炭の苦しみのように、灰に塗れ、泥に塗れ、困難や苦しみを味わうことで、人は成長をする。

それなくして成長しても、それはいつか滅び愚か者となる。

あなたの胸の中にいる神を悲しませ、あなたがあなたを咎することとなる。誰も、神も、あなたを咎する者はいない。あなたが行うのです。

固くこわばっていては、死を待つだけで、神の七つの掟を行わない。綿のように柔らかくなりなさい。

 

神の掟に逆らう

あなたが、何かの体制の中にいるとして、あなたがその中で、枢要とならねば、その体制は、神への道へとは進まないのだから、己が偏りばらばらとならないように中庸をとり、枢要として役目を果たすのです。

中に多くの逆らう者がいるだろうけど、己の行いを見せて、命じるなどという愚かなことは行わずして、ただ、ただ、己の行いを見せて、少しでも、あなたについてくる者がいれば、それでよいのです。

逆らい残る者も、必ず、あなた一人ではなく複数の人々が、あなたと同じ行為を、喜悦と爽快な顔で行っているの見れば、一人また一人と必ず、あなたについて、他者のため、困っている人のためと、神の七つの掟を行うだろう。

しかし、浅い川も深く渡れというように、己が何様になってはならない。常に己の心に、己で見張りを立てて、皆があなたに謙るからと、いつか自分が聖人にでもなったつもりになるかもしれない、浅い川と思って進んでいると、突然深くなり、驚く間もなく陥り、浮かび上がることがなくなる。

そして、ついてきた者たちは、あなたの浅はかな行為に、どれだけ、他者のために生きても、こんなことになるのなら、善い行いなど、神の七つの掟など、何の役にも立たないのだ。

このように思い、投げだしてしまうことになり、それは、大きな噂になり、多くの者が、今までの何倍にもなって、神の七つの掟を行わなくだろう。

深謀遠慮は、先の先まで何が起きるのか、助けられる人がいない道を歩くときには、考える時間を与えられていると思って、歩き進むことを忘れてはならない。

神の七つの掟を守っている者は、決して遼東の豕など、自分が偉いなどと思ってはならない。

あなたが、行わなければならない、罪の償いをさせて頂いていることに、相手からチャンスを頂いたわけなのだから、助けさせて頂いたことに、深くお礼をすることである。

 

うつ病

ご相談メールから、今回は下記の者を選んで会いに行くことにしました。
—————–
・・・・・・・
・・・・・・・・・
かなり重度の躁うつ病で、8年ほど精神科に通っています。薬は効いていないと思いますが、精神的には飲むことで楽になります。でも、ここに来て会社がつぶれてしまって、最後の月の給与ももらえないで、今日にいたっています。今日もネットで探して電話しては年齢や経験の問題や自分では無理な仕事でも電話して、電話にも出ないところもあり、すべて今は募集していないとのことで、お断りされました。
でも、最後の1社だけが、とりあえず面接に来下さいと言われ、来週行きます。でも、無理なんじゃないかなと思っています。相手の方もとりあえず面接だけでも来てみますか。こんな感じだったので、相談なのですが、うつ病からどうすればぬけられるでしょう、どうすれば今の苦しみから救っていただけるのでしょう。
・・・・・・・・・
———-

今日は、彼の面接の日なので、会いに行ってみた。

スーツが体とあってない、これは印象が悪いだろう、でも、もう、彼の行く会社はすぐそこなので、出てくるのを待つことにした。

 

乞食にお金をすべて差し出す

足取りが重たい、結果は彼にもわかっていただろうが、疲れている。これは、声をかけて生ビールでも、と考えたが、彼の所持金を見てみると、七百二十円、これはだめだ。

まぁ、どっかのベンチに座って話をしようと、彼の後ろをついていくと、乞食の者が、信号待ちの向こうに座り込んでいた。

彼は、どうするだろう。所持金もないし、とり合えず声だけでもかけてほしい。と思っていると、彼は、何の躊躇もなく、ポケットに入っている小銭を握りしめた。

彼は、乞食の者に近づき、おじさん大丈夫、と声をかけた、乞食の者は、大丈夫と彼に答えた、次の瞬間彼は、小銭の中の五百円玉を乞食の者に渡した。

乞食の者が受け取ると、すぐさま駅に向かって歩き出した。乞食の者は、彼に手を合わせていたが、彼が気が付くはずもなかった。

乞食の者に差し出した残りの二百二十円は彼の帰りの電車賃で、彼の家に帰っても、もうお金は一円もない。それでも、彼は、気にするそぶりもなかった。

いいものを見せてもらった、私は嬉しくて、もう、彼と話すことは何も無いことが分かったので、去ることにした。

彼の苦しみは、今日のようなことの積み重ねで、神の七つの掟を守れば、消えていくことになる。その前に、彼が亡くなり、天国へ行くかもしれない。

いずれにしろ、彼は天国へ行くことになる。倒れて後已むというが、倒れたときには死ねばよい。生きている限りは全力で善行を行うことです。

 

 

 

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)