第一章:輪廻転生-善と悪

 

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂き、次はどの章から読んでもかまいません。但し、必ず、全ての章を読むこと、それが絶対の約束です。

 

輪廻転生-善と悪

 

善と悪

 

輪廻転生、生まれ変わり、この世で生きている人が、「生」を亡くしてから、「あの世」にいくと、何が待ち受けているかから、書かせて頂ければと思います。

生を亡くすというは、肉体を無くすということです。

要するに、生を持つ人(この世の人)は兩を持っているのです。

その二つとは、

肉体=溺れる心:この言葉を以下、「悪」と呼ぶことで分かりやすく、なるかと思うので、「悪」としましょう。

魂=償う心:この言葉を以下、「善」と呼ぶことで分かりやすく、なるかと思うので、「善」としましょう。

 

では、生を無くした時に人はどうなるのか、それは肉体を無くしたとき=「悪」を無くした時です。

善とは神と呼ばれるものがいる、生まれ変わること輪廻転生のない天国に行くことを望みます。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生-神 All Rights Reserved.