名のある道:第五百三十一章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

名のある道

 

名のある道

あなた方の中の多くは、目に見えない道を歩いて、その先にある、名のある道を歩こうと只管に道端を行く、貧しき者、体の悪い者、助けを必要とする者、皆に善行を行い、名のある道を歩もうと、一歩一善と歩いている。

しかし、そんなあなたを、あなたの肉体は、その道を歩かぬようにと、街談巷説と、あなたが簡単に陥ってしまいそうな面白おかしく、時に道の先は実は恐ろしいのだという噂話を聞かせては、あなたの足を止めさせようとする。

そこで止まれば、肉体の思い通りとなって、俗世に堕ちて行き、俗世の者の、あなたへの媚びへつらう、偽の姿である巧言令色で、あなたもまた、道を歩く者を、俗世に引きずりこむ者とさせていく。

俗世に堕ちれば、あなたが決めてきた時が来れば、この世を去るというのに、長生きしようと、不要な薬を飲んでは肉体を喜ばせ、長寿を願う愚か者となる。

 

名もなき道

本当は名のある道を歩きたいと、今日も名もなき道を歩けず、あなたの胸の中の、あなたと言う神の言葉を常に聞いてはいても、俗世に堕ちれば、俗世の甘い蜜に勝てないでいる。

あなたの力だけでは無理な時、善行を行う者を探し、その者に倣いなさい、その者が見つけられないのであれば、善行を説いている聖人や宗教家を探して、話を聞き、聞いた限りには、唯々善行の道を歩くのです。

聖人は、足るを知る故に、恥辱を受けることが無い。あなたが聖人の話を聞いたからと言って、あなたが何かに執着をしていては、聖人の話を行為に移すことはできない。

あなたがいとしくて仕方ないものを、追いかけて、追いかけて、いとしいものを、諦めることなく追いかけて、捕まえた時には、追いかけて来たものに飽き、気が付いた時には、聖人から聞いた善行の話を失い、行為にも移さない。

 

運は天が決めない

運否天賦と、己の人生は天が決めたことであり、運も不運も天任せであるという者がいる、その者は、愚か者の極みである。

己の人生は、己が決めてきたことであり、それを守らせないようにとするのが肉体であるのだから、何度も言うが肉体に負けてはならない。

茨の中にも三年の辛抱と言う、辛くても我慢をして努力をすれば、その行為は、報われる日がくる。

しかし、我慢や努力や辛抱などは、する必要も無ければ、そのようなことをしているようでは、名のある道を見ることは無い。

善行は、我慢や努力や辛抱の上にあるのではなく、阿呆になってただ只管に、右の道を歩き、席を必要とする者に席を譲り、傘を必要とする者に、傘を差し上げることが、阿呆になれば、自然にできることなのです。

 

宗教家と聖人

道理を知れば、困難に会うことも無く、困難に会わなければ、作為することも無く、作為が無ければ、失敗をすることも無い。

生きることに、飽きることも無ければ、飽きるほど生きたいと考えることが無い、そもそもが、生きる目的は、徳を積み、罪を無くすことであり、それを終わらせて棺に入るか、終わらすことが出来ないままに棺に入るか、生きるというのは、ただ、それだけである。

俗世では、長寿を目指す者がいて、その者たちに、あなたがいくら、長生きするのに何をしても、決めてきたときが来れば、終わりを迎えると話したのなら、俗世の者は、鷺を鳥と言いくるめる。

どれだけ言葉で、善行を語ろうとも、それを俗世の者が感じることは無く、巧言令色で、あなたが言葉を使う限りは、俗世の者に、あなたは言い含められて、俗世に堕ちて行くのです。

 

未来を考えない道

いつも言うが、行為によって、あなたも知らないままに、周りの者に気付きを与えているのであり、それこそが、あなたの歩く名もなき道なのです。

思果者は、頑迷であり、神とは、こういう者であると賢しらな誤った知識のもとで、このようなことを言うのは神ではない、神は、このようなことはしないと、道も歩かぬままに、神を見限る。

まずは、見えない道を歩き始めなければ、棺に入るまで道を見ることは無く、暗愚であったことを嘆いても、もう遅いのです。

名のある道を見たいと、鶴首する者は、いつまでも首を長くして待つだけで、名のある道は、いくら待とうとも、向こうから道がやってくることは無い。

あなた方が、道を見るために、見えない道を歩かない限り、現れることは無く、あなたの時計の針は、あなたが決めた時が来て、チックタック チックタック チックタック、そして永遠に止まる。

死ぬときに何が出来たかを、今日という日に思案していてはならない、そこに作為が生まれることになり、善行を、何時から始めようかと考える無駄な時を過ごす者となる。

名もなき道をただ只管に今日も歩き、困っている者を助けては、喜びを受け取りながら、ただ只管に歩くだけで良いのであり、未来のことなど考える必要もない。

未来を夢見るから、落胆するのであり、未来を見ない者には、期待や希望が失われることなどなく、今日の日を、知らない誰かに捧げることが出来るのです。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の化身より:神の七つの掟だけを行い、聢と、あなたが天国を選択し天国に行くのです。お金や宗教など天国にはなく、それらは甲斐無いのが天国なのです。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。相談があれば相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

投稿日: