第三十二章:輪廻転生-前世の記憶と暗示

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

輪廻転生-前世の記憶と暗示

今回は、下記と同じような内容のメッセージを複数の方から頂きましたので記します。

「この世に、輪廻転生、生まれる前の世界を覚えている子供が、いると聞きましたが、本当でしょうか。」

前世の記憶

答えは、本当です。

但し、特別に選ばれた子供だけが、この世に生まれ戻る時のことを、覚えているわけではありません。

もし、あなたがこれから子供を授かることがあるなら、次の事を行ってください。

卒乳まで、決められた時間以外に、どれだけ泣いていようとも、ミルクをあげない。

三歳までは、叱らない。

三歳までは、注意などしない。

三歳までは、余計なことを教えない。

三歳までは、読み聞かせもしない。

上記を行うことで、九十九%の子供は、輪廻転生、生まれる前の記憶を話すことができます。

ただ、本人にとっては、成長とともに、話したことは、後で忘れてしまっているか、夢だと思っているかになります。

そして、生まれる前の記憶とはいっても、あの世から、降りてくるための、妊婦さんを探す、ところからのみです。

何のために、生まれて来たのか、罪の償いの内容は、あの世は、等々は、全く覚えていないので、話すことはできません。

万が一、覚えていれば、この世には降りてくる必要が無いことは、すでに各章で記したとおりです。

それでも、生まれてきた理由や償いの方法を、覚えているというなら、それは、親であったり、周りの人が、幼い子を知らぬ間に誘導し、暗示にかけ、記憶に埋め込んだのです。

悪気があって、親や、周りの人が、幼い子に暗示をかけたわけではないでしょう。

あくまでも、知らぬ間に、誘導してしまっていたにすぎないと思います。

 

暗示に関しては、大人と呼ばれる人も同じで、簡単にかかってしまいます。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

前世/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.