第十二章:神 と動物とベジタリアン-Ⅱ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

神と動物とベジタリアン-Ⅱ 命の儚さ(死)

このページの画像を、ご覧下さい。

神は、この世に「家畜」などという、呼び名の動物を降ろされたことはありません。

多くの宗教が信徒信者を集めるために、食べ物を与える簡単な方法として、一部の動物を家畜と呼び、肉を裂くことを選択したのです。

これも一概に、人を救うことは動物を食すことよりも大切だと考えた宗教家にとってみれば、野菜を作るよりも簡単だったので致し方なかったとしておきましょう。

信者を集めやすいからと、植物を育てるよりも安易な方法、植物よりも美味しいとして、動物(魚介類を含む)を食べるということを黙認する宗教家のことは、私にはわかりません。

とさつの方法で、スタニング(気絶させるための銃)で殺すことは不可能です。意識は取り戻しているけれど、まだ、体が動かすことができない状態なだけです。

スタニングではなく、気絶させずに、頚動脈を切開し血抜きを行い、首をねじ回し、胴体から外す方法も使われています(あなたの国の一部でも)。

このページの動画を、ご覧ください。

(注意:代筆者より。私たち代筆者は、神の化身が話される内容により、動画をYouTubeより共有しています。下記に準拠してください。)
年齢制限があります(コミュニティ ガイドラインに基づく設定)

(広告が表示されても無関係なので、広告をクリックされないようお願いします)

ただ、ではなぜ人間と違う動物がこの世にいるのか。(人間が生まれ変わり動物になることはありません)

それは、動物は見て学ぶ(動物園ではありません)ものだからです。

一つの例でいうと、肉食動物が草食動物を追いかけて噛みつき、肉をかじり食べる。

その姿を見て「かわいそう」と思う人もいれば、「当たり前のこと」と思う人もいます。

このどちらへも「見て学ぶ」ことを求めて、動物を降ろしています。

下記は、その一例かもしれません。スタ二ングを撃たれても一瞬気絶し体が少しの時間動かなくなるだけです。吊るされ腹を裂かれても生きています。

動物が本来いるべき場所を人間の土地とし、あの世とこの世を結ぶ木や植物を、根こそぎはがし取り、住処や食べ物を探しに舞い戻ってきた動物を殺す。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

ベジタリアン/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.

 

「第十二章:神 と動物とベジタリアン-Ⅱ」への8件のフィードバック

    1. kaminokeshin より:

      第百四十章:神と老人

    2. kaminokeshin より:

      第八十章:地獄 の食事

      1. kaminokeshin より:

        第一章から絶対に全ての章をお読みください。そうでなければベジタリアンの章と書かれている章だけでは動物や植物やヴィーガンや人のことなどわかりません。ベジタリアンを知りたければ、必ず、すべての章には関連性があるので読んでいただけますよう。
        神の化身アンナサラ

    1. kaminokeshin より:

      この話は多くの人に伝えてほしい。ありがとう

    1. kaminokeshin より:

      第一章から絶対に全ての章をお読みください。そうでなければベジタリアンの章と書かれている章だけでは動物や植物やヴィーガンや人のことなどわかりません。ベジタリアンを知りたければ、必ず、すべての章には関連性があるので読んでいただけますよう。
      神の化身アンナサラ

コメントは受け付けていません。