神・死霊・生霊・洗脳:第三百三十七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

神・死霊・生霊・洗脳

 

神と霊と洗脳

今回は、相談フォームから下記のお手紙を頂きました。
——————

人間の肉体の中には、神がいてそのほかにはもっと力を持つ死霊・生霊,動物霊などが入り、霊は肉体から自由に出入りができて、その為に精神的だったり肉体的だったり何らかの行動や言動などに影響を与えていると聞きました。このような話をすると、知らない友人は、洗脳されているのではと言いますが、そうではありません。そうすると魂と肉体が善と悪だと言われる以外に、霊と言う別物が存在するという事なのでしょうか。このことを考えていると、自分の日々感じることのなかで、かならず、霊にやらされていることがなんとなくわかります。霊は悪霊しかいないのでしょうか。悪霊と守護霊だとどちらがつよいのですか。そして、守護霊とは自分を守ってくれているわけですから、良い霊という事で間違いないでか。でも、先日考え事をしていて、もう少しで階段から転げ落ちるところでした。でも、少しよろけましたが、大丈夫でした。この時のことを考えると、悪霊が落とそうとしいて、それを守護霊が助けてくれたのだと思いますが、これで間違いないですか。今は良い霊がこれを書かせているのでしょうか。悪い霊でしょうか。最近は私のデスクの向い側の席の人に霊がついているのが見えたりするような感じがしています。このまま頑張れば霊能者などになれそうな気もしますが、それを仕事にしてもいいのですか。
———————-

とても面白い考え方で、勉強になりました。

そういう考え方があっても、良いと思います。但し、あくまでもお伽噺としてです。

ただ、本当はどうなのですか、と聞かれれば答えが難しい。一つずつの意味が解らないので、単純に応えてみましょう。

死霊・生霊,動物霊とは何をさされているのかがわからないのですが、仮に死霊を取り上げますと、そのままですと死んだ霊という事になりますので、死んだ霊とはなにか、そのようなものは無いという事です。但し、二日ほどは彷徨う魂があります。

まず、霊と言われるものが、何なのかですが、幽霊と言われるようなものだとすれば、そんなものはいないので、死んだ幽霊でも、生きた幽霊でもいいのですが、それらは先に話したようにお伽噺の世界にいるものでしょう。

天にも地にも、どこにもいないのが、幽霊です。

だから、それらのものが、あなたに何かをあたえることもないわけです。ただし、あなたがそれを信じて、なにかあると「これは〇霊のために起きたんだ」と考えて行けば、あなたの中で、ある、いる、と信じ込んでしまって、そこから抜け出せなくなっている。または、そのようになることもあるという事だと思います。

 

 

霊

このようなことを、憑依とか憑依現象といえばよいのでしょう。あなたが、精神的に作ってしまった世界で、その中だけには、霊がいて、時としてその霊があなたを動かしたりすると思っているのかもしれません。

しかし、そのような霊はいません。また、魂と霊は全く違うものですので、勘違いしないことです。

あなたが、もし霊に取りつかれ、逃げることも、疎外することも、逆に親しくすることもできないで、言われるままに動いていると思うような状況になっているとすれば、これは良いことではありません。

一日も早く、そこから抜け出ることです。でも、すでに脳機能障害を起こしているので、状態的には、薬物乱用者と同じような状況です。

妄想・幻視・幻聴の中に入ったり出たりしているのではないでしょうか。でも、これらもよく考えてみることです。そして、抜け出るための方法としては、自分を慰めてあげる慰撫することから始めることです。

そして、自分の行動や、たまに起こる非日常的(これは、あなたが作り出しているだけで、本当は特別ではない)な現象は、自分の考えすぎであり、峻拒(完全にそして厳しく拒絶する)することです。

神の世界にいる私が言うのですから、霊などいないのだから、あとは精神的な弱さとの戦いに勝利するだけです。

私の言葉でも動けないのなら、精神神経科などに行き、薬と併用して、戦って勝つことです。

霊と呼ばれるものすべてがいないのです。良い霊も悪い霊も存在しない、お伽噺の世界の話で、それをあなたは幼い子供のように信じているだけです。

霊能者になれそうだと言いますが、霊がいないのに見ることができないのです、そのような、人を欺き、己も欺くような者になってはなりません。

それに、そういう人たちは言葉が巧みで、人を惑わすことに長けているから、間違った道へ進んで行ってしまった、ある意味かわいそうな人たちなのです。あなたもかわいそうな人になりたいのですか。

 

 

脳機能生涯

今回の内容に近いものでは、思想改造というものがあります。これは、自分の中ではすでに体系的にまとまっている意識を、完全に否定させて、誰かの思いを吹き込み、思惟を変えてしまう、洗脳があります。

これも、一つの脳機能障害になりますが、これは、その人自体が今までの思想とは全く別の思想の人間になるので、元の思想の親近者が、何を言っても、それに対して反駁してくるのみで、逆効果になり、元に戻ることを難しくするだけです。

まずは愉悦要するに最高に楽しい愉快だと思う事を、躊躇なくそれらを本人へ投げ入れてあげて、今の考えより、前の考えの方が楽しいと思わせることです(あくまでも、洗脳前の本人が好きなものを投げ与えるのです・それは、ギャンブルかもしれないし、医学書かもしれない)。

ただ、投げ入れるだけで本人に話しかけたりは、行ってはなりません。相手から来るのを待てばよいだけです。

 

 

UFO

今回の内容からしても、いかに人という者は、自分と言う者の中に、真理と道理という、最も大切なものを知ってか知らずか、忘れているのでしょう。

どのような無駄な時間を過ごしているのか、霊に取りつかれたり、マインドコントールされたり、生きている時間は短く、行わなければならないことの前に、何を思っているのでしょう。

この他にも、UFOや宇宙人についても真剣に質問を頂いております。私が伝えるべきこととはかけ離れており、どうしようかと考えますが、これも、相談としては多くありますので、いずれ話したいと思います。でも、これについては否定的な話ではありません。

 

 

相談フォームから、七つの掟への成功談や失敗談、上手くできない話、神への質問などを頂けると、ここに来ている託された人の参考になりますので、相談フォームより、ご相談いただければ幸です(代筆者一同・神の化身)。

 

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない ヴィーガン

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

投稿者: kaminokeshin

輪廻転生・自殺・天国・地獄・ヴィーガン・ベジタリアン・神・生まれ変わりにつて、神が書いています。宗教など天国には存在しない、天国に行くのにお金なども必要が無いことも書かれています。 全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。