左の道を選ぶ者へ:第五百八十三章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

左の道を選ぶ者へ

 

左の道を選ぶ雲

今回は下記のお手紙を相談フォームからいただきました。
—————–
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天国に行くメリットは何ですか?
地獄は想像を絶する程のと書かれていますが

肉体もないのに魂だけが苦しむ場所ですか?

私の欲望は天国に行けたとしても地獄今生の痛みや悲しみをそのまま天国でも 味わいたい人間なので 生まれ変わりがない そう言う回答なら結構ですが 地獄の方が 楽しめることが多いように思います

物欲のない世界は楽しいですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
—————-

お手紙ありがとう。

 

地獄を選ぶ光

今回の質問のメリットの意味は、価値のことを指しているが、価値の中には、佳処が含まれているように、あなたにとって最も居心地の良い、本来あなたが居る場所となる。

然るに、物欲の無い世界が楽しいのかという質問には、神となったなら物欲がなくなっているので、物欲が無い世界が楽しいかと言う前に、天国と言う価値ある場所で過ごすことは、何よりも楽しい。

地獄については、「肉体も無いのに魂だけが苦しむ」のか、と言う質問ですが、地獄に行けば、苦しみを味わうために、説明が難しいので、肉体のようなものとしておくが、それを、纏っている。

それによって、肉体的な苦しみから逃れる時間は無い。但し、地獄から出る時が近づいてきたときには、あなたが肉片となって食べた、今生の豚や鶏や牛や魚たちが、あなたのために現れ、あなたにほんの少しの安らぎを与えてくれます。

 

地獄を望む者の炎

「地獄今生の痛みや悲しみをそのまま天国でも 味わいたい」あなたは、まだ、今生での本当の苦しみや悲しみには出合ってはいないので、このまま地獄を期待し、左の道を選ぶことで、その苦しみや痛みを味わう日がやってくる。

今、地獄を選ぶことが出来るのは、あなたが地獄にいた時のことを忘れているからであり、地獄の苦しみを味わいたいなどとは、このまま、望む地獄へ行ったとしたなら、必ずや悔恨することとなる。

地獄が良いという者は、俗世の中で、他人を傷つけてでも上に立って甘い蜜を飲む者の生き方に憧れたり、そのような者へ媚態する者となり、取り計らえては、弱い己でできないことも、俗世の大蛇の威を借りては、他者を傷つけて俗欲に堕ちる者となる。

そして、天国よりも地獄を選ぶという者は、己に瞋恚することとなり、己で己を怒り恨むこととなるが、その時には、時計の針が止まっている。

天国へは、メリットがあって行くのではなく、あなたの本当の居場所が天国なのだから、永劫の享楽が待つ、天国に行かなければならないのです。

あなたが輪廻転生時に、大木の神に誓った、必ず、善行を行い徳を積み、過去の罪の償いを終わらせ、天国へ行くことを誓ったのであり、それを破ることを、私はさせないために、あなたを見ている。

 

地獄の雲

あなたは、まだ、勇気を持てない弱い者であるが、あなたが阿呆となって善行を積み歩けば、あなたは、豪勇な者となり、本物の勇気ある者となる。

あなたは、握髪吐哺と、あなたに助言してくれる賢人を求めているが、それは、善行の道を歩くだけで、あなたが賢人となるのだが、善を行うにも賢人の助言を求めるのであれば、宗教家の話を聞くことも良いことです。

いつも言っているが、色々な宗教の門を叩き、話を聞いてみることで、己に合った宗教を見つけたのならば、信者にならずとも、道を踏み外しそうになった時や、心を打ち砕くようなことが起きた時には、その宗教に話を聞きに行き、元の右の道へ戻させて頂く事も良いことです。

但し、宗教はこの世のものであり、天国には宗教など存在しないので、どこの宗教に入った方が良いとかを考え入信する者もいるが、ただ、入信したからといって、天国へ行けることなどは絶対に無いので、誤らないように。

本来であれば、あなたの胸の中のあなたと言う神の、託宣を聞くことで、真理を覆って道を歩くことが出来るが、宗教に頼っても悪いことではない。

 

右の道と左の道

あなたが罪の償いを行わず、弱い者のままで、阿呆とならずに左の道を行き、流謫と流されていく流れに身を委ねるのならば、あなたが望む地獄へ行くことが出来るが、それを、大木の神は、憎んだり見放したりはしない、ただ、悲しむだけである。

然るに、天国と地獄のどちらかを選べるとして、そこで、献身的真理に立たず、地獄を望むのならば、それを止めることはできないけれど、地獄の千年は連綿と続く事を覚えておきなさい。

私には地獄へ行った者を助けることはできないが、地獄へ行くことを望んでいる者、右の道を歩くことが出来ないからと天国を諦め地獄へ行く者、そのような者達を救うための言葉を、これからも認めて行くことで、私に託され、残されたすべての者を天国へ導く。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の化身より:神の七つの掟だけを行い、聢と、あなたが天国を選択し天国に行くのです。お金や宗教など天国にはなく、それらは甲斐無いのが天国なのです。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。相談があれば相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

投稿日: