己を責める行為:第五百八十五章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

己を責める行為

 

己を責める行為と海

あなた方の中には、己が生き残るために、他者を犠牲にしてでも、裏切ってでも、己は生き残ろうとする者がいる。

その行為は、己にとっても、己を責める行為であり、それは、己との戦いとなり、戦うのは大変なことだろう。

しかし、誰かに責任を押し付け、誰かを犠牲にして、あなたが生き残ったとして、背徳的安逸に溺れたあなたは、抑えきれないくらいの罪を感じることになる。

その罪の意識で、手を合わせ、多謝を言ったところで、許されることは無いことを、知る時がすぐに来るだろう。

あなたは、誰も犠牲にせず、誰も傷つけず、そして、屈することなく、戦い続けることで、あなたは救われるのです。

他者を犠牲にする羽

己が誰かを犠牲にして輝いたとして、それは刹那な輝き、すぐにくすむ醜悪であることを知り、あなたの行いに嘆き以外の何物も訪れることは無い。

己の行為から逃げるため、誰かを裏切ったことから、背負わす、その重荷から解放されようと、言い訳を並べては逃げている。

あなたが、智慧と言う武器をもち、智慧を使い嘘をついては、己を正当化しようとも、己のため、誰かのため、嘘をもって戦いに臨んだのなら、必ず、大きな敗北の日を迎える。

そのような者が、戦いに臨んでも、阿呆は戦いに武器を持つことが無いから、武器をもって、己の利のために戦うあなたに命を投げ出し、あなたが助かるための、犠牲になろうと、決して後退することも無く、笑顔であなたの武器で殺されることを望む。

己が生き残るために、他者を犠牲にして生きて来た日のことを、あなたは後悔し、犠牲にした者へ、唇を小さく震わせながら、紅涙を流そうとも、今のままでは、弱いあなたがあなたを許すことは無い。

 

己を犠牲にする花

他者を犠牲にし、裏切って来たあなたでも、己を屈辱のどん底に陥れた、相手がいるだろう。

他者を犠牲にし、裏切ったあなただから、他の誰かから、屈辱を浴びせられ、あなたは、誰よりも屈辱に耐えかねている、その証に、あなたには、許すことが出来ない相手がいる。

あなたを屈辱のどん底へと陥れた相手が、何故現れたのか、それは、あなた自身の行いから産みだされたことなのです。

あなたは、あなたに屈辱の思いをさせた相手を思い浮かべては、あの時のかい繕う方法に己を責めるが、屈辱に陥れたのは、相手ではなく、あなたの行いから発生したことを知らねばならない。

あなた自身が、未だそれを引きずっているならば、犠牲、裏切り、そして屈辱というやつらはまたあなたの元へやって来て、あなたは、あの頃のように震えながら屈辱を背負うことになる。

不将不迎と、 他者を犠牲にし、裏切り、そして屈辱にいつまでも悔やみ、まだ、現れてもいない、未来のことに憂悶する日を、今日を限りに終わりにするのです。

屈辱の過去の戦いに、今からでも簡単に、美しき勝利をする方法がある、それは、屈辱と言うやつらに負けないだけの、武器を持たず、言葉で言い負かさず、やつらよりも、より他者の為に、善行を行いながら、生きる者となることです。

 

棺には入らない者の橋

己の考えを貫き通そうとするから、嘆きが襲い、這い出すことが出来ず、俗世の者と同じ方向を向いていては、俗世から出ることはできないため、美しき勝利を手にすることはできない。

あなた方の中には、神の七つの掟を行わず、行いたいと願うだけでも、願わない者よりも救われるのではないかと、行うことが出来る日を待つ者がいる。

行う日を待つ者は、今は、欲望を捨てることもできず、両手で掬い取った欲望は、貯めて、貯めて、逸楽に変えては、死ぬ時に残った物があれば、それをお金に換えて、ユニセフ等へ寄付をして、善行を完成させようとする者がいる。

そのような者は、己を犠牲にしてでも、己を裏切ってでも、この世の充足を求め、この世の楽しみが、実は、あなたの罪の償いの為に、あなたの前に現れて、それを欲することのない、真理を歩くあなた、阿呆なあなたのために現れていることを、知ろうとはしない。

何度も言うが、今、傘を必要とする者に、傘を差し出さない者は、死ぬ間際に何を行おうとも、それは、善行ではなく、悪賢い智慧である。

己が死んだら、己の持ち物を棺に入れることが出来ないことがわかっているから、そのような者は、棺に入る前に、溜め込んだ物を、善行に使うことで、多少は神様も、今までの狡知を許し、奸智のような悪智慧だとは思われないだろうと考えるような、救いようのない愚昧者となるのです。

己のために、誰かを犠牲にしてでも、裏切ってでも、または、己を騙してでも、胸の中のあなたと言う神の言葉を遮ってでも、神の七つの掟を行わずに、行いたいといっては、天を見上げ、行えない御託を並べる者となってはならない。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の化身より:神の七つの掟だけを行い、聢と、あなたが天国を選択し天国に行くのです。お金や宗教など天国にはなく、それらは甲斐無いのが天国なのです。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。相談があれば相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

投稿日: