第百五十一章:神の掟

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

神の掟

 

神の掟

私は、天国へ行くための話をしてきました。

七つの掟がいかに簡単かを話しましたが、実行されているのは三十%程度ですが、それでも、その方たちはよく頑張られていると思っています。

しかし、まだ残りの人を導かなければ、ここで伝えている意味がありません。そして代筆をしていただいている人達の大変な肉体的苦しみと奉仕に報いなければなりません。

なぜ神の教えを守らない

 

私の思う、なぜを書いてみましょう。

 

なぜ、時に追われていると言い訳をして、神の掟を守らないのでしょうか。

なぜ、他人を利用し、望みをかなえようとするのでしょうか。

なぜ、人を助けてあげられないのでしょうか。

なぜ、我慢ができないのでしょうか。

なぜ、騙さない、悲しませない、心を傷つけないができないのでしょうか。

なぜ、親切にできるチャンスを逃さない【言葉を発する】をやり遂げないのでしょうか。
なぜ、肉体を持つ限りにおいては、同じ生き物なのに動物を食べるのでしょうか。

なぜ、罪を犯すのでしょうか。

なぜ、自分の手で、奉仕と施しができず、富みある者は人に託し、貧しいものは、自分より貧しいものを見ないのでしょうか。

私の伝え方

これまでの全てではなくとも、一つ二つしか、今日だけしか、できなかった人には、私の伝え方の愚鈍さの私の責任であり、あなた方の責任ではありません。

今までは、私の言葉で七つの掟を伝えてきましたが、これからは、神の掟、と呼び私ではなく、神自らが、守らなければならない七つの掟を司ります。

ただ、これからも話す事は私からのメッセージであることに変わりはありません。

今まで、心を動かすことができなかった、私の不甲斐なさをここに記します。

出来る事なら、神の掟を今から行って下さい。

もう一度言います、、七つの掟の全てを守り、それを続けられなかったことは、あなた方が悪いのではく、私の伝え方に問題があることを伝えておきます。

これからは、あなた方全員が自ら七つの掟、神の掟を守りたいと思うような話をしていければと思っています。

 

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.