世俗は幻:第四百五十二章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

世俗は幻

 

神の七つの掟を守る者

あなた方はここに来て、すでに変わった者、変わろうと努力している者、始めてきたので、まだ、変われない者、多くの者がいる。

私の話は、特段、心を揺さぶるものではない、私の話は余計なこと、その程度に思っていればよい。

あなた方が行うべきことは、神の七つの掟を守ることである。それはすごく簡単なことであり、簡単だからこそ、つい忘れています。または、奥深く考えようとする者は少ない。

けれども、そんなにも考える必要もない、困っている者に声をかければよいだけのことなのだから。

あなた方の中で多い相談は、怒りが捨てられない、これが一番かもしれない。もし、あなたが、盲目であれば、相手に怒りを覚えることもなければ、相手もあなたを傷つける言葉は流さない。

すれば、すべての者が、盲目であれば、ある意味において、この世から怒りがなくなり、幸福が、この世に生まれることになるだろう。

 

大木の神と神とあなた

孤閨を守るのが、妻や夫の関係ではなく、神とあなただったらどうだろう。大木の神は、旅に出いる、あなたが、無事に天国に来ることを願って待っている。

その為に、大木の神は、神である私を、天国から、この世の者に、それを伝える役目を下さった。但し、それは、数万人の限られた者たちにであり、ここに来た者は、まずは大木の神が、天国に来てほしい、我が子を、私に託された。

済度し難い者は、ここには来ない、たまたまここに来たのではなく、大木の神が託したから、ここに来たのであることを、覚えておきなさい。

然なぎたくなければ、私は、あなた方に話し続けることもない。初めに言ったが、私の話など、読むことよりも、神の七つの掟を、究極まで遣り尽してみなさい。

それが出来たときに、この世の苦から抜け出て、天国へ行く時が来る。あなたのこの世での時間は、長くはない、だから、神の七つの掟を行いなさい。

私の話に、我が意を得たりと喜ぶ者がいる、それはよかった。では、神の七つの掟を究極まで行いなさい。

ゴールを目指しなさい。この世に、さよならを宣告しなさい。その時には、一生懸命に走り続けたあなたは、気息奄々と、息を切らしているだろう。

でもね、それでいいんだよ、そうでなくてはならないんだよ。棺の中でゆっくりと休んで、呼吸も止まり、安らかに眠って、天国を目指して、後はゆっくりと歩くだけなんだから。

 

神と世俗

あなた方がいる場所は、この世俗の世界ではないことを、知らなければならない。ここは、あなた方の、過去世までの罪の償いのために、来ている世界で在り、幻だということを知ることです。

世俗で、綿のように疲れたあなたも、私のいる天国、大木の神がいる天国へ来れば、そんなものは無くなるのです。

大木の神は、あなたが世俗で行ってしまった、悪事にも、その後に、神の七つの掟を究極まで行い続ければ、あなたを誉めて、簡単に言えば、大功を論ずる者は小過を録せずというようなものです。

 

父と娘とお風呂

さて、今日は、誰のところに会いに行ってみようか、会わなければわからない者も、沢山いるが、私は、神の七つ掟を実行している者のところには、必ず会いに行っている。勿論全てはない、完全に守っている者は、一万人以上いるので、休む暇もない。

相談フォームより下記を頂きました。
————-
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
私は40歳で、妻は病気で3年前に亡くなり、子供は3人で、みんな女の子です。一番上は中学生で、女の子なので、いろいろあり、学校に話して、保健の女性の先生が生理のことなどを娘に教えていただき、保健の先生が良い方でそれ以外のことでも助けていただいています。
相談は、中学生の長女とは、いまだに一緒にお風呂に入ります。胸もふっくらと、ちょっと言い方変ですが、娘は私とお風呂に入り一緒に湯船の中で今日一日の話をするのが大好きで、今は私のほうが恥ずかしくて、こんなことがいつまで続くのかと思うと困っている次第です。
家族のことは、何とかなるかなと思いますが、会社でのことです。私は部長という役職を頂いています。若くして出世をした部類に入ります。部下は課長が3名で、それぞれの課長の下には一般社員が下ります。この問題というのが、課長3名ともに50代後半です。私の仕事の振り方に毎度のように文句をといいますか、こんなに仕事回されても部下たちが云々というぐあいです。
それほど仕事量が多いわけでもないのに、いつでも私抜きで飲み会を開いたりして、風のうわさで課長たちは私の悪口というかマイペースで仕事が出来ないのは私のせいだとか、そんなことで盛り上がっているとのことです。どうすればよいでしょうか。このままでは私の上司の耳に入り立場がなくなります。

最期に一つ、長女が夕飯を作るのですが、クックパットのヴィーガン料理の作り方を見ながら作ってくれます。非常においしいですから一度食べに来てください。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
—————

お手紙ありがとうございます。

降りていこうと思いましたが、降りなくても良さそうなので、今回は、ここでお答えすることにしましょう。

長女の方と、一緒にお風呂に入り、その日の出来事を話されているということですが、それに不満や、心配など以ての外です。

それは、反抗期だったりすることを考えれば、幸福としか言いようがないでしょう。だから、あと少しで、長女も一緒にお風呂に入るのはやめるので、それまでは楽しみなさい。

 

部長と課長と居酒屋

会社でのことですが、これは簡単に解決できることです。それぞれの課長を別々に、課長としての仕事を回し、残業するように持っていきなさい。

そして、みんなが帰った後に、課長に、すみません。私事なのですが、課長に是非とも、相談に乗っていただきたいのです。

そして、会社を出て、居酒屋で生ビール、(いいな)を飲みながら、私は課長のことを尊敬しています。私のような若輩者が、上司としていること自体が間違っていると思っています。

課長、私は今のままでよろしいのでしょうか。このように完全に遜って、お話をしてみなさい。課長も満更ではなくなります。

これを、三名の課長を日を置いて、順番に行いなさい。

これで、解決でしょう。

今日も大した話をしていないと思っていたら、大きな間違いです。どこかに大切な話を、入れていますので、わからないなら、最初から読み直しなさい。

 

 

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

ベジタリアン・ビーガン・ヴィーガン関連ページ