自殺-いじめ:第七十八章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

自殺-いじめ

相談フォームから、いじめについて頂きました。相談者はいじめられていることに耐えかねているということで、自殺まで考えているそうです。

いじめ

 

私は、いじめられていることに喜びを感じなさいと伝えました。

いじめられているあなたは、何もしないで、いじめている相手に喜びと楽しみを与えているのです。

何もしないであなたは、人に喜びを与えているのです。人に喜びを与えることは輪廻転生を行った意味のある行いです。それを何もしないで与えていることにあなた自身感謝するべきことです。

 

ただ、一つ大切なことは、いめられているのをまわりで見ている人がいたとしたら、その人は助ける勇気をもって止めなくてはなりません。

しかし、その勇気がなければ、いじめられている人に「勇気がなくて、助けられなくて、ごめんね」と抱きしめてあげなくてはなりません。

その為にあなたもいじめられるかもしれません。でも、それによりあなたもいじめる人に喜びを与えることができます。

そして、抱きしめる人が、いじめる人よりも増えれば、いじめはなくなります。

仮に誰も助けてくれなくても、いじめはいつか終わります。しかし、その時には、いじめた人に喜びを与えることができなくなることに嘆くでしょう。

いじめた人は、いつか必ず後悔します。しかし、いじめられた人は後悔することはありません。

いじめ3

追記:私がこの世に降りてきて、これらの章を書くために借りている肉体の人も、学生時代に二年間にわたり毎日いじめられていました。そのいじめの方法は一時間目の授業が始まると同時に担任の教師が「裸の刑」と声を発すると、数人の生徒がこの人の服をすべて脱がせ、二階の校舎から運動場に下着も全て投げ捨てるのです。それは来る日も来る日も続き二年間それに耐えてきました。今この人はそのことを一切恨んではいません。いじめには必ず終わりが来ます。

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

自殺の関連ページ