神 は言う真実を背負いなさい:第百二十三章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

神は言う 真実を背負いなさい

 

真実

真実とは、あなたの無の中にいる神です。

あなたが道をそれるなら、時がすべてを忘れさせてくれると思っているなら。それは儚い夢です。

戻り路は無いのです。どれだけあなたが嘆こうとも、あなたには戻り路は無いのです。

今のチャンスをいかしなさい、あきもしないで同じことを繰り返し、チャンスが来ても体も言葉も動かないまま、残された夢の中へあなたは戻り行くだけです。

チャンスに動けない、自分が悔しいでしょう。しかし、神が与えたこの世に続く胸の高鳴りを感じているでしょう。

神と真実

いつもいつでも重ねたような同じことの繰り返し、今なぜ席を譲らないのですか、今なぜ重い荷物を持ってあげないのですか、どれだけ嘆いても、今行わなければ、このチャンスは再び来ることがないと思いなさい。

この章を読みながら、うずくまっても今日のチャンスは帰って気はしません。

まばゆく輝く光を見たいのなら、明日からは必ず、他者のために生きなさい。

自分のことを、否めずに、誰かが何かを行うことを待っていてはなりません。

あなたには数えきれない夢がある、その夢が幻であることを知りなさい。

あなたの夢は、これからも続いていく他者への奉仕です。

神の化身

 

私はあなたに聞きたい、何のために年をとるのかと、子供のころを思い出してください、追いかけていた虫たちを、何のために追いかけていたのですか。

あなたは決して、虫たちを殺すために追いかけていたのではない、優しくしてあげたかったからでしょう。

どうして、困っている人を今は追いかけない。どれだけ嫌がられても、私はこういう人間なんです、とどうして相手に言えない。

今あなたは、私の言葉に、ひかれ続けてあきもせず、私が誰かも疑う心は忘れずに、私はあなたに言う、私は単なる神の化身であると、神がつかわせたものであると。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない ヴィーガン

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

投稿者: kaminokeshin

輪廻転生・自殺・天国・地獄・ヴィーガン・ベジタリアン・神・生まれ変わりにつて、神が書いています。宗教など天国には存在しない、天国に行くのにお金なども必要が無いことも書かれています。 全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。