第百七章:家畜と自殺

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

家畜と自殺

 

自殺と家畜

家畜とは何でしょうか。過去章で記したように多くの人が地獄の最後の望みとして食べてしまう動物たち。(第八十章:地獄の食事)。

その為に忘れられない味と、簡単に手に入りお腹を満足させる動物たち、考えてみませんか。

家畜がどのように育てられているか、乳牛の一生はどのようなものなのか。

(注意:代筆者より。私たち代筆者は、神の化身が話される内容により、動画をYouTubeより共有しています。下記に準拠してください。)
年齢制限があります(コミュニティ ガイドラインに基づく設定)

 

何度も話しますが、神は、この世に家畜という動物は降ろしていません。

動物はすべて人間が見て、学ぶ、ために降ろしています。

殺されかたにしても、人間と同じで一思いに、多少は人生を自由に生きて、それで殺されるなら、問題はないでしょう。でも、家畜はそうではありません。家畜も人間と同じ「魂」を持っていることを考えてください。

あなたが、もしも、苦しくて自殺したとしましょう。しかし、動物にはどんなに苦しくても自殺はできません。その中でも、家畜は自然ではなく、苦しいだけの中で自殺もできないで、殺されるのを待つしかないのです。

自殺をしたいと考えている人は、家畜を思ってみて下さい。あなたには選択肢という大きな自由があり、家畜には選択肢も自由もないのです。

動物からは、どれだけ、羨ましがられているのか、あなたにはわかりますか。

もし、自殺を考えるあなたが、動物性のものを食べているとしたら

自分は不幸、何が不幸なのでしょう。過去章で記したベジタリアンの章を今一度見る事です。

ポール・マッカトニーの言葉にも耳を傾けてよいかもしれません。(必ずご覧ください)

このようなことを語る人もいますので必ずご覧ください。(広告が掲載されても無関係なので広告をクリックしないでください)

こちらもご覧ください。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

ベジタリアン/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.