Veganと神の掟:第五百六十七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

Vegan(ヴィーガン/ビーガン)と神の掟

 

ヴィーガンと神

今回は下記をご相談フォームから頂きました。
———-
・・・・・・・
・・・・・・・
ヴィーガンになったのは、中田敦彦のYouTube大学でヴィーガンについての話を聞かされてからです。
それから不思議なことに2日後ここを知りました。最初は宗教っぽいので怖いのかなと思いましたが、読んでいるうちにあっという間に50章も読んでしまっていて、はめられました(笑)。
今日も3ページ読みました。私のために話していただいているようで、とてもためになります。
質問なのですが、私はベジタリアンでもなくほんの1週間前までお肉もお魚も卵も食べていましたが、ヴィーガンになって2日後にこちらのサイトに出あったというのには何か理由があるのでしょうか。
私は神の7つの掟も大好きです。まだ始めたばかりですが、そのような人間になるつもりでいます。
不思議な7日目を迎えています。心も体も今までになく軽くてヴィーガンになって環境にも動物にも優しくなれているようで良いことをしているような気持でいます。これからも頑張りますので、生ビールをご馳走させてください。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
(代筆者より:中田敦彦さんのYouTube動画は、神の化身の話の後に掲載しておりますので、ご興味のある方はご覧ください)
————

お手紙ありがとうございます。

ご質問の回答としては、ようやく来る日が来て、ここへ来たということです。動物たちの命を奪うことを一人でも多くの人が止めることが出来れば、本当にうれしいことです。

 

ビーガン動物を食べない

お肉を食べないお魚を食べないなどと知人や家族に言うと驚かれることでしょうが、過去章に書いているように最初は対応され、決して肉食の人を批判してはなりません。

かといって阿る必要はありません。それではまた肉食に戻ることになってしまうことなのだから。

世界中では、ヴィーガンの割合が急速に高まってきています。動物を食べないことで、痛み苦しみ恐怖を同じ動物の肉体を持つあなた方が解放させてあげるのです。

十人に一人が菜食主義者と言う国も先進国の中にはあり、こういう流れは止められることではありません。

あなたの住む日本は、先進国の中では大きく遅れているため、まだ菜食主義を理解していただくことは難しいのでしょう。でも、一人一人の努力で愛を持つ動物を助けてあげて行けば、何時か、皆が分かる日が必ず来ます。

哀惜とは人の死に添えられる言葉ですが、この言葉の思いを、人間が勝手に家畜と呼び、残酷に殺す動物たちにも思わなければなりません。

動物は人間に学びを与えるために、大木の神が降ろされているのであり、痛みと恐怖の中で人間に殺され食べられるために生まれてきているのではありません。

 

ヴィーガンになる

ヴィーガンになると、最初はいろいろなことを周りからも言われることでしょう。体に悪いからやめたほうがいいとか、知り合いがベジタリアンになって体調を壊したが、元の肉食に戻したら元気になった、私もヴィーガンだったけれどやめてよかったなど、皆、根拠のない説や情報を恰ものように出してきて、あなただけ別の世界にはいかせないと、同じ世界に居させると決めてくるのです。

このようなことが起きても、あなたは肉食者に、ヴィーガンを推し勧めてはなりません。自然にヴィーガンになるように、肉食者とも仲良く暮らしなさい。強要などになることは何事においても行ってはなりません。

ヴィーガンは、ようやく人間が神であることの一つを教えるために広がってきたものであり、それを拒む者の方が圧倒的に多い中で成長するには、事実それが良いことであることを己が知る日まで待たなくてはなりません。

出る杭は打たれるのです。打たれるということは、良い物事が成長するときに起きる現象なのですから、今はじっと我慢をして、あなたを論破しようとする者さえも、あなたの遜る態度に理解する日が必ず来ます。だから耐えなければなりません。生き物全てのために、あなたの我慢は感謝されているのです。

 

ヴィーガン

周りからのプレッシャーに負けてしまいそうなときには、孟母断機の言葉をかみしめて、途中で投げ出しそうなときには己を戒め、最後までやり遂げてください。

神の七つの掟を知らない者たちは、あなただけが善行を行い怒りを捨てる良い人間になることが怖いのです。自分たちと同じ場所に居させたいのです。そのためにあなたにありもしない作り話をして、善行へ走るあなたを引き留めるのです。

あなたを引き留めようとする者たちでさえ、あなたが誘うことも神の七つの掟のよさを語ることも無く、唯ひた向きに神の七つの掟を行為として示して、善行を行い続けて行けば、皆最後にはあなたを敬いあなたについてくるのだから、言葉に対して言葉で説明しようなどとは思わないで、今は耐えなさい。

何も知らず今の俗世にしがみつく者を助け出すことが、必ず、出来る日がやってくるのだから、今その者達が肉食であっても心配する必要など全くありません。心配はかえって逆の影響を及ぼすことになるので止めておきなさい。

まだ、歩き始めたばかりの名も無い道だけれど、道にはもともと名は無い、けれどあなたが進み始めた道を、途中で俗世に溺れて道から外れるようなことが無いように進み続ければ、名も無い道は、神の道と名がつくことになることは明晰であるのです。

 


代筆者です。今回のご相談者様のお話の中に出てきたのは下記の中田敦彦さんのYouTube動画だと思われます。二動画に別れています。

 


 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない ヴィーガン

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/