ヴィーガンとお魚:第四百二十二章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

ヴィーガンとお魚

 

ヴィーガンと魚

相談フォームより下記のお手紙を頂きました。
———–
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
いつも拝見しています。私は55歳、夫61歳。8名の人数で会計事務所を経営しています。私も税理士として働いております。
こちらのサイトを知ってから、このようなお話が聴けて有難く思っています。また、みんなも他人のために思いやりを持てるようになれば嬉しいです。
また、こちらで学んでからは、顧問先の企業への見方が私の中でガラッと変わりました。上手くは言えませんが、顧問先企業から、大切な人、こんな感じに変わったみたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
今回メールをさせて頂きましたのは、ヴィーガンについて、いつも牛や豚や鳥のお話を聞きますが、もう少しお魚についてお聞きできればと思っていて、私はヴィーガンになり、主人には何も言わないで、動物性の物を食べさせないようにしていました。あくまでも健康のためという事で、お肉とかは食べなくても平気な主人ですが、健康のためなら、魚くらいはいいだろうと言って聞いてくれません。
主人にも、こちらを読ませたいのですが、こちらのサイトのことにつていは主人には何も言っていません。お魚を食べてはいけないだけのお話のページがあれば、そのページを主人に見せて、それをきっかけに止めてくれるかもしれないと思っています。お魚と他の動物が混在しているページはもちろん読んでいます。よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・
—————

お手紙ありがとうございます。

健康のためというのは、実際にそうなので、良いお話のされ方だと思います。

魚は、牛や豚と人間と同じ動物です。また、大木の神の友達であり、牛や人間が痛みを感じるのと同じように、魚も痛みを感じます。

殺されるときの痛みは、尋常なものではありません。ここからは、お魚についてあなた方も知っているお話を少し書いておきましょう。

多くの場合には、エラから包丁をいれ、延髄椎骨を断ち切って殺します。動物だから当然そのまま放置すれば、死後硬直が始まります。

魚を食べものと思っている人からすれば、この死後硬直の始まりにより肉(筋肉)中のアデノシン三リン酸と呼んでいるものが、イノシン酸と呼ぶものへ変化し、肉に旨味成分が生まれて、これを食べるているのが、お魚を好きで食べている人々です。

これは、人間の肉を食べる場合にも同じことが起こります。残念なのことですが、魚を食べるのが好きな人は、人間の肉を食べるのも、必ず好きになります。

だから、魚を食べる人にとって見れば、亡くなり左の道へ行き、そこで出てくる食べものをすぐに好きになれるので、悲しいですが、左へ行く人にはそれも良いかもしれません。

 

神との対話

私は、動物を食べてはいけないとは言えますが、食べる人たちを止めることは行いません。止めることは無理強いと同じです。

仮に私が力を出し、その力に慄き表面的に恐怖に順っても、何の役にも立っていないこと、それでは食べても食べなくても、道理を知らぬ者という事になるのです。

大切なのは自らの力により絶つ、それが胸の中にいる、その人の、その人との神との対話なのです。

自分の胸の中の神、との対話とは、本当の自分は神であることを知るという事になります。

そうすれば、自ら間違っても、殺して食べるような行為を行うことはしません。殺して食べているのは、大木の神の友達であり、あなたの大切な友人なのですから。

 

神が与えるチャンス

「輪廻転生・神」という、ここに見に来ていただき、その後、どうされるのかはご本人次第であり、仮に、ここに来た後に、動物を食べ、弔い、哭泣されても時と行ないを戻すことは出来ません。

しかし、チャンスは三度あり、それを生かすも殺すもご本人次第という事になります。

ただ、私が託された者には、私は、目を拭って拭目し、三度の終わりまで話をし続け、磨穿鉄硯与託された全員を、大木の神のもとへを忘れる事勿れと私に命じています。

代筆者さんが泣いた、お魚にかかわる映像を見つけて来たという事ですので、ご覧になって下さい。

(注意:代筆者より。私たち代筆者は、神の化身が話される内容により、動画をYouTubeより共有しています。下記に準拠してください。尚、広告などが流れても神の化身とは無関係ですのでクリックしないでください。関連画像には無関係なもの多く含まれますので、それらも無視してください)
年齢制限があります(コミュニティ ガイドラインに基づく設定)

 

胴体を油で揚げ、頭が生のまま生きている魚料理

 

マグロ神経〆 頭を・最後まで生きていたいと動く

 

カンパチ・活締め、神経締めても最後まで生きていたいと動く

 

 

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

ベジタリアン・ビーガン・ヴィーガン関連ページ