第百十一章:愛の鞭 を行わない者

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

愛の鞭を行わない者

 

愛の鞭と自殺

愛の鞭がなければ、人は精神的な病に陥ることがあります。

但し、愛の鞭は、互いの信頼関係の上に成り立つものであり、信頼関係があれば、行われた側よりも行う側の方が辛いものを指します。

決して、愛のない暴力ではありません。愛のない暴力は、行う側のストレス発散に過ぎません。

「第百章:自殺へ追い込んだ者はその後」でお話ししたように、このような相手の方のために自殺をすると、第百章の最後に記したようになるだけです

愛の鞭をいけないという人がいます。自分たちは愛の鞭を受けて育ち(または、天性の才能を持っていて愛の鞭を受けなくてよかったか)、今の地位を得ているというのに、同じことを行われることで自分に並ばれることを怖がっているのです。

愛の鞭を行わない者は、代わりに相手を無視し外すのです。大会に出る選手であれば、リストから外すのです。あなたが愛をもって愛ある鞭を行わなかったがために、大きな才能の芽は絶たれたことになるかもしれないのです。

愛の鞭は若い時に受けておくことがよいでしょう。ある程度の年齢になると愛の鞭が役立つことは非常に少なくなり、信頼関係のないイジメになることもあります。愛ある愛の鞭を行わない者は、イジメを行っていることと同じになるのです。

愛ある愛の鞭とは、力いっぱい叱ることや、平手で一殴りする程度です。それ以上は暴力です。

叱られたことがない、愛の鞭を受けたことがない、という人は、社会に順応する力が不足することもまれにあります。

 

私は同じ話、同じことを百回言います。

神の化身より

愛/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.