神の七つの掟のお浚い:第三百五十七章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

 

神の七つの掟のお浚い

 

神 お浚い

因縁が集まり、そしてここに今集起しているのですが、因縁が集まることで、学び智慧を持ちます。しかし、これらの人々は、個である限り、神の七つの掟を守る者と、守らない者に分かれ、地獄を選択する者と、天国を選択する者に破壊していきます。

肉体は滅尽され、魂という善の塊だけになり、天に着いては裁判官に自らの行きたい場所を伝えて、行きたい天国か地獄か、右か左かへ自ら行きます。

刹那の快楽に酔って来た者は、地獄を選ぶのでしょう。刹那の時をも無駄にせず、善行為を行って来た者は、天国を選ぶのでしょう。

自分なりに物事を解釈すること、また、試行錯誤してみることは、時を少し止めて学ぶことになるので、神の道へと進むには良い方法でもあります。

しかし、時を無駄にしそうな時や、全てを一旦吸収しようと思うのならば、模倣することが最も良い方法かもしれません。

方法の全てが、輪廻転生・神には、神の七つの掟が書かれているのですから、そのまま同じ行いを、人を助けたり、困っている人に声をかけたり、何度も伝えてきているので、そのままを行動に移してみることです。

私を、山伏や先達として使えばよいのです。私を前に立たせて、後ろからコツコツとこついては前に進ませ、その後ろを、私が言う神の七つの掟を行い、模倣しながら歩いて来ればよいだけなのです。

でも、他の方法としては、一人で出来ない時に、一人で決められない時、そんな時には、あなたの胸の中にいる、神に手を合わせ、胸に手を合わせ相談するのです。胸の中の神があなたである限り、少し厳しくても、軟弱と剛強があれば、言わずもがなで剛強を選ぶでしょう。けれど、それが答えなのです。

 

 

執着

執着というものは、ともすれば悪、ともすれば善でもあります。心囚われ離れられない、という執着は、仮に人間同士であった場合、ともに思っていれば、これほど粘着のあるものはなく、互いに思いやりの中にいる。執着の非常に良い部分です。

悪の部分は、片方だけが思い込むことになります。このようなことになってはいけません。あなたが執着する側で、相手が感じてないのなら、さっさとあなたが立ち去り、相手の幸せを願って忘れてしまうのです。

それが出来なければ、あなたは愚か者となり、この先の全てが、想像を絶する恐怖の中に沈んで、肉体がある限り二度と出ることが出来ない時を過ごすことになります。

あなた方の中には、決めてきた天に戻る時を、長く設定している者も多くいますが、その者たちは、衰えていくことに、戻ってみたい時があるでしょう。でも、戻れることはありません。

萎えていく己を客観的に感慨深く見ている暇など無いでしょう。今この時からでもできることがあるのです。何のために、ここに辿り着いたのか、考えないでも良いので、書いてあることを実行しなさい。

あなた方は知っていることでしょう。死ぬために生まれて来たのではない、やり直すために生まれてきたという事を。

 

 

神 我が子 愛

では、何をするのですか。罪の償いという神の七つの掟でしょう。

人は罪を犯して、人は学びます。大木の神は、あなたがこの世に降りようとした輪廻転生時に、あなたが、大木の神に言った言葉を忘れることなど絶対にありません。

神様、私は神の七つの掟を行い、罪の償いをして、それ以上に他者のために遣り尽くしてきます。神様、私は天国に戻りますので、必ず私を、ハグしてください。

その言葉を聞いた神からあなたは、何といわれましたか。

神様は一言、我が子よ何よりも期待をしています。と言われてきたのでしょう。

今のあなたは、この期待という言葉を聞き、もうだめだ、あんな出来もしないことを神様に話すのではなかった、と思っているのでしょうか。

それとも、今ここに来てからスタートラインに立ち、自らスターターピストルを撃ちはなし、神の七つの掟をスタートさせているのでしょうか。

神は、いつも期待をしています。忘れないことです。

そして、今、私と会ったのは、あなたが神に言った事を、思い出して行為に移す為です。わかっていますね。すでに、あなたよりも早く理解して、神の七つの掟を実践して、習慣化している者も沢山いるのです。

ここに来るまでに何のために、この世に生きているのかを知らないで、沢山の罪を犯した者、人を殺した者もいます。刑務所にも入らず逃げています。そんな彼らも、ここに来て神の七つの掟、善行為を行っている限り、何度もお話してきていますが、天国に行くのです。

 

 

神 期待

神は、罪を犯したあなたが、罪を償う行いをしているのを俯瞰から見て、心から喜んでいるのです。

生まれ変わらない世界と、生まれ変わるこの世、どちらにいても、神はあなたが大好きです。だから、我が子と、神はあなたを呼ぶのです。

大好きだから、最も大切な「成長」という旅を終わらせて、生まれた天国へ戻そうと、神の化身を贈っているのです。

まだ、スターターピストルが撃てないのは、蕩心故でしょう。併せて言うならば、放蕩は必ず、あなたを愛している神が、あなたによって心砕かれることを忘れないことです。

この世の中で、神様から、一番愛されているあなたへ

 

神の七つの掟を、今一度噛み締めるために、この章ではお浚いをしてみました。

 

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)