第百四十八章:自殺-時計の針と輪廻転生

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

チクタク チクタクと時計の針は進み、チクタク チクタクと時計の針は止まる

自殺-時計の針と輪廻転生

 

自殺

 

自殺とは、自分で輪廻転生の時に決めてきた自然死、寿命まで生きることなく、逃げる行為です。

この世には、もともと何もないのです。ただあるものは七つの掟だけです。

だから、あなたが自殺をしたいということは、贅沢と欲望があるからです。

何かを手に入れたいのか、他人や周りの人に大切にしてほしいという、贅沢な欲望の塊だからです。

欲望は愚か者がいだくものです。

この世に楽な者などいません。自分のことばかり考えているあなたには見えないだけです。

 

それでも、理由はともあれ、皆は我慢して生きているのです、自分が決めてきた時間まで、チクタク チクタクと時計はなり、人生は進んでいて、絶対に一秒たりとも後戻りはできないのです。

 

自殺は勇気のいることです。もしかしたら、何よりも勇気がなければできないことかもしれない。

しかし、その勇気よりは、自殺をした生暖かいあなたの体を担ぐ者や、電車に飛び込んだり、崖から飛び降りたり、ビルから飛び降りたり、そのような自殺をした、あなたの脳みそや肉片を一つずつ集める人の方が勇気があるかもしれません。

首を吊ったあなたの体からは、必ず、すべての汚物が流れ出て、すごい異臭が漂っています、すべての自殺の仕方も同じで、それを片付けたりする者の気持ちがわかりますか。恥ずかしくないですか、申し訳ないと思いませんか。

自殺者に告げる

時間がたてば、あなたの体は膠着します。やっとあなたを見つけたとしても、練炭自殺や扉首つり自殺をすれば、おかしな形であなたの体は膠着し、それをまっすぐにするために何人の人が、あなたに力をかけて差し上げると思いますか。

人に相手にされない、わかってもらえない、だから自殺をしたあなたをどれだけの人が、あなたのために努力すると思いますか。

自殺をするあなたは異常なほどの贅沢を求めたりする者であり、欲の塊なのです。

誰にも相手にされない、わかってもらえないなら、それがあなたが輪廻転生の時に選んできたことなのです。だから、この世で苦しみを味わう数年間をもつんだと、あなたが決めたことなのだから。

自殺をした後

でも、あなたの今の自殺をしたい気持ちは三年で終わります。

三年たてば、あなたをわかる人が出てきます。しかし、あなたが七つの掟を守らない限り、次の、ハードルがやってきます。これは、生きている限り、皆がそうなのです。あなたが決めてきたハードルは、七つの掟を守り続けるまで続くのです。

あなたは、自殺をしたあなたに、嫌いな人から欲の塊だと指をさされたくはないでしょう。

七つの掟を守れば必ずハードルを飛び越えて、他者を助けるために、生きていくことができて、あなたの決めてきた、チクタク チクタクと進む時計が止まり、寿命が来てあの世へ行き天国の扉が開くことでしょう。

私は別に自殺を止めません。ただ、自殺をする者は贅沢であり欲の塊であることを、自殺後に自殺者は知ることになるでしょう。

七つの掟を改めて最後に書いておきましょう。

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできるチャンスを逃さない【言葉を発する】

■ 動物を食べない

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任(恩に報いる)

■ 我慢

■ 奉仕と施し

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

神より
「我が子よ、新しい章を読めば、最初のページから三ページ以上づつ読みなさい。そうするといつか近づく日が来る。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.