飛び降り自殺:第五百九十八章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

飛び降り自殺

 

飛び降り自殺

今回は、自殺をすると決めた女性に会いに行くことにしました。彼女が通る道で待つことにして、後は、何といって声をかければよいのかだけです。今日の私は、大人の魅力漂う紳士をイメージさせる容姿にしてみました。

さて、すみません。お聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか。彼女は立ち止まり、ハイと答えてくれたので、「自殺されるんですね」と聞いた。

彼女は顔色一つ変えることも無く、ハイと答えて、どうしてわかるのですかと尋ねてきてくれた。これはチャンス到来、生に行けるかもしれない。

私には、人の心が読む力があるんですよ。詳しく聞きたくありませんかと問いかけてみた。彼女は、またも冷静に、ハイと返事をしてくれたので、ここでは何ですから、どこかお店にでも入って話したいと思うのですが、私は今日は持ち合わせが無いので、私があなたの自殺について、詳しく教えて差し上げる代わりに、ご馳走していただけませんでしょうか。と話すと、またもや、ハイと答えてくれたので、これで準備完了、生の時間です。

お店に入ると、私がすぐに生二つと注文すると、彼女は私はコーヒーを頂きますので、と切り返されたので、最初の一杯だけ付き合ってください。必ず、よい話をしますからと無理やり生にしていただきました。

わけもないのに乾杯といって生を一気飲みしたら、すぐさま生一つと注文をした後、本番の話に入ることにしました。

 

海への飛び降り自殺

自殺することは見えました、ところで自殺の方法を教えて欲しいんだけど、どんな方法で自殺するんですか。

彼女は、飛び降り自殺と決めています。と間を開けないで答えてくれました。自殺することは固く決めているので答えてくれたのです。

飛び込み自殺か、例えば崖の上から海へ、この場合のその後がどうなるのか知らないでしょう。海への飛び込み自殺のその後を教えて置いてあげますよ。

賢しらな知識で言わせていただきますが、まず、水面にぶつかるまで記憶ははっきりとしているので、その恐怖から地獄が始まるようなもので、水面にぶつかった瞬間は全身に激痛が走り、その痛みはすぐに消えることはありません。また、その痛みはあなたがこの世で味わった事のない痛みです。

彼女は、そんな怖いことを言って、私の自殺を止めようとするお話でしたら、これで失礼しますと言われたので、本当のお話ですよ、あなたも冷静に考えればわかることでしょう。私の言っていること間違っていますか。

でもね、自殺を止める気持ちは無いので安心してください。彼女に帰られては、次の生が頼めないので、なだめすかしてここは完了。

 

悩み

自殺は止めないよ、自殺をすると天国にはいけないことは、わかっているでしょ。来世は今の苦しみの何倍も苦しむことになる、だから、今生で戦えるのはチャンスなんだよ。

彼女は、それは分かっています。それでも自殺を選んだので、今はある意味精神的に楽になりました。

そりゃそうでしょう、物事って何でもそうだけれど、踏ん切りをつければ楽になれるんだよ。

でも、自殺は死ぬことだから、物事の踏ん切りとは違って、そこからが始まりなんだ。その先の方が、ずっと長いわけで、地獄で君が耐えられることは無い。

君は、君自身もよく知っているように自分を追い込んでいく、ある意味ストイックで我慢強いけれど、そんな程度のもんじゃないからね地獄は。

どうして地獄のことが、あなたにはわかるんですかと聞かれたので、仕方が無いから、その証拠は後で見せるとして、どんなに今が辛苦に耐え難くても、そうなるように決めて来たのは、自分なんだから、必ず、それには耐えられる日が来る、自殺する前に戦ってみませんか。

自殺を止めているわけじゃなくて聞いて欲しいんだけど、今のままじゃ苟且逃遁という言葉が君に当てはまってしまう。それはね、ほんの一時のかりそめの出来事のために、自殺という行為で逃げ去ろうとしている。今の君のことだよ。あまりにも愚の骨頂だと思わないかい。

 

地獄

君が何と弁解しようとも、今の君の辛い時間は、君自身が輪廻転生時に決めて来たことで、そのハードルを乗り越えると誓ってきたことなんだから、逃げてどうするの、また、地獄へ行って、地獄から出て、来世はもっと辛いものを持って輪廻転生してくるんだから、次は、自殺が出来ないよ。それでも耐えられるの、はっきり言っておくけれど、次は耐えられないからね。

彼女がおもむろに、あなたのお話が私にはピンとこないというか、胸に刺さらないんですけど。

そうだよね。生一つ下さい。もう少し飲まないとダメだな。

この世の真実を簡単に話すと、この世の仕組みは非常に簡単に出来ていて、みんなが思うほど難しくできていないんだよ、難しいと惑わされて、天国への道が歩けなくなるから、神様は難しくは作っていない。難しくしているのはこの世に生きる者の俗欲が元となっているんだよ。

では、あなたにお聞きしたいのですが、ややこしくも難しくもないとすれば単純ということになりますが、私の悩みは単純ではなく、私にとっては難しくややこしいのですが、どうしてでしょうか。

それは簡単だよ、君が君自身で勝手に問題を作り上げ困難にしているからだよ。今回の君が自殺をする元々の原因を考えてみて、どう思うの。

君の我儘と言えることが発端になっていない、君は君の我儘が発端となって問題が大きくなり、君自身を追い込んでしまったんだよ。そして、自殺しようとしているんだ。

だからといって君の苦しい悩みが解決するわけではないから、君の悩みの話はせずに、自殺をしたら、あの世の門を探して一万年も彷徨わなければならず、それから地獄へ行き、来世は今の何倍も苦しくなるだけだよって話しているんだ。

 

天国と地獄

でも私の話は単純なので胸に刺さらないから、君は自殺するんだろうね。もう少しくらい上手く話せないものか、自分が不甲斐ないよ。

そんなことないですよ。私のことは言われたとおりの我儘から来ていることだし、俗欲に負けたのかもしれない。今から自殺を止めて、この世で戦う自信がない。

それと私は、天国は信じていても地獄は信じていない、でも神の七つの掟というのがあって、それだけはやっている、信じてないのになぜかやってる。

そうだよね、だから私がここに来たんだ、地獄を信じていないし、天国に期待している、だから自殺が出来るんだよね。でも天国には行けない、だから戦い勝者になるんだ。というか、なってほしいんだけど。

彼女が、目に一杯の涙をためて、笑った。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/