自殺後の来世:第七十一章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

自殺後の来世・生まれ変わる・輪廻転生

 

自殺後の来世生まれ変わり

関連章:タイトルに「自殺」が付く章だけを読むのではなく、すべての章を読むことで完成するのです。輪廻転生、生まれ変わることもお話します。天国や地獄と言われる世界も、どちらを選ぶかは、あなたが選択できるという事実も話すので聞いてみることです。

ここに初めて来たあなたに、私が誰かは分からない。だから、周章狼狽することでしょう。私は、天国とあなたが呼ぶ世界から、大木の神にあなたに会って、あなたと話すために、今、あなたにここに来ていただきました。

きっと、あなたの中には、今の私の話を聞いて、「おかしい、あやしい」これが感想でしょう。それを、覆して差し上げます。私は、神の化身だから。

私が、万が一にも自殺をするあなたに自殺を毘佐することがあれば、そこで、消えればよいのです。

この私の話す場所に、一つでも広告収入や、私に寄附を求める場所があれば、そこで、ここを信じることはやめなさい。神の世界にお金など無いのですから。なぜ、私に寄付が必要でしょう。

私は、宗教が天国という世界に無いことを、ここではっきりと伝えておきます。宗教というものは、この世で、また、過去世と同じように犯した罪を、二度と起こさないように、あなたを導くものなので、宗教はどこでもいいので、門を叩いて話を聞くことは、良いことです。

しかし、残念ながら天国には宗教など存在しません。だから、あなたの信じる宗教に手を合わせても、何も起こりません。でも、信仰は悪いことではありません。

ただ、間違っても私に手を合わせたり信仰を持っても、全く役に立たないのでやめることです。

私に、何かの恩返しをしたいと思う、お金やお花があるのなら、あなたの隣で困っている人に捧げなさい。悲しんでいる人に、綺麗な花をあげなさい。

短いのだから、騙されたと思って読みなさい。百%私が、あなたのために天国と言われる世界から来たことが、すぐにわかります。首を傾げるように、永遠と読む必要など全くない。

私が、あなたの世界にいるのではなく、天国という世界から、あなたを天国に連れて行き、上下関係などない世界で、あなたも私も同じ神として、願う事がすべて叶う事がわかります。

私は、あなたの上にいない、あなたも私の下にいない。はじめましょう。

どうせ自殺をして死ぬのなら、最後に天国にいる私の話を聞いてからでも、いいでしょう。大丈夫、自殺を止めたりするようなことは言わない。

それよりも、誰に迷惑をかけることもなく、痛みもなく、椅子に三十秒座っているだけで、自殺ができる方法も、私は教えているので、本当に自殺ができるのなら、読んでからにしなさい。

自殺しないという、勇気のない者は、これ以上読まないで空疎な時を楽しんでいてほしい。ここは、勇気のある人の場所、勇気が欲しいと願う人の場所です。

天国という世界が本当にあることを、今のあなたに必ず見せてあげます。

私が、神の化身ではないなど、私を疑う事が必ずなくなる。それは、あなたが私を信じるというだけで、あなたの前に私は現れて見せ、そして、あなたが必要ないなら、そこで、消えます。その他の希望も聞きましょう。

さて、自殺を否定することもなければ、肯定することもしません。そして、自殺を止めることも一切ありません。椅子に座ったまま痛みなく自殺ができる方法も話し、今、ここに来た、あなたを楽にさせる方法を。

痛みもなく自殺、苦しむこともなく自殺、幻覚でも何もない。

私は、いくつもの章で自殺について話しています。自殺をしてからどこへ行くのかも明確に記しました。

私は自殺を否定も肯定もせず、自殺を賛成することも反対することもありません。

ただ、「自殺をする」この言葉を己をいざなうように発しては、周りに助けを求める者を、私は、己を掠笞することをいとまない者として、助けることはない。

ただ、今回ある方から頂いたご相談を受け、この章では自殺後の来世について伝えておきたいと思います。

 

自殺

私が記したこと、この章も含めすべて事実を伝えているだけであり、あなたが肉体を無くしたときに、そのことを実際に受けるだけのことです。

(あなたを自殺に追い込んだ相手が、あなたが自殺をした後にどう考えるかをお読みになるとよいでしょう。第百章:自殺へ追い込んだ者はその後

輪廻転生を行った理由は、前世や前世以前の生で行った、罪の償いのためですが、その償いを行わずして、償いのために必要な肉体というモノを自ら消してしまうことは、罪の償いを放棄したことになることも詳しく話しています。

当然、生まれ変わる前に自分で決めてきた時間まで生を全うしたとしても、償いができていない人は沢山います。どれくらいの割合かについても話してきました。

しかし、生まれ変わる前に自分で決めてきた時間まで生きず、その間に罪の償いもせず、いずれも放棄して逃げることは簡単にできます。

それが自殺です。

 

自殺-2

でも、自殺した皆さんも私が記したこの全章を見て、わかっていることでしょう。そうです、一度自殺すると、二度と自殺はできません。

来世ではいかに苦しくても寂しくても辛くてもどのような境遇でも、自ら命を絶つことができないように、自分で決めて生まれ変わってきます。

自殺を考えるとき、来世ではもっと良い人生になるように頑張ろうと思い、自殺する人がほとんどですが、そこには来世でもダメならまた自殺すればいい、ということまで含まれています。

しかし、先に書いたように来世では自殺はできません。どうしますか、今なら既に数年は生きてきました、あとはどんなに長く生きたくても数十年で死にます。

いや、自分で決めてきた時間が来たら死ぬので、明日何かの事故に巻き込まれて死ぬように決めてきているかもしれません。

それなのに、また一から始めるのは、その方が辛くありませんか、というより辛いです。自殺できない状況で生まれ変わるとは、どのような状況なのか想像してみてください。

 

自殺 -7

独房に入れられ一人で一生暮らす事などという甘い想像はしないことです。

特に、自殺した次の生からは、自殺もできなければ、あなたが自分で決める生まれ変わりの姿や環境は、今の比ではありません。今の境遇の二十一倍の苦しさがあるのです。

一つ伝えます、今ある自殺したいほどの心の動きは、三年で消えます。その方法は簡単です。目を閉じ胸に手を当て、毎日「私を追いやる者へ、償いのためと感謝します」と祈りなさい。そして、あなたは何もせずにいればよいのです。

何もせずにいることで食べ物がないのなら、物乞いをすればよいのです。何も恥じる事ではありません。それでも食べるものがなくて死ぬというのなら、法に反さない方法で臓器を売りなさい。それでも食べるものが亡くなれば、餓死するでしょう。

但し、物乞いもせず、臓器も売らず、餓死を選択するというのなら、あなたの胸の中に居る神が許しません。あなたの胸の中には神がいるのです。神を悲しませていけません。

あなたもあの世から降りるときに、自分の前世の償いができる妊婦を探し、今度は神の七つの掟を守り、天に行くんだと決めて、この世に降りてきたのです。

自殺をせず、自分で決めてきた時間が来たら亡くなるのです。そしたら、神の七つの掟を守れば、天に行き神となるのです。今までどんな悪行をしてこようが、人を殺そうが、神の七つの掟をここに来た今日から行えば救われ天国へ行けるのです。明日からではいけません。

必ず順番を守りなさい。あなたの知らない世界には、物乞いもできず、臓器すら売れず、餓死をする人がいることを忘れてはいけません。

 

自殺-5

 

私は、何度も申し上げたように、自殺に賛成も反対もしません。ただの傍観者です。しかし、あなたの胸の中に居る神が、あなたに伝えるようにと言われたので、自殺と自然死の真実を伝えているだけです。

あなたの胸の中にいる神が、本当のあなたです。あなたの胸の中に居る神が、今、あなたに何を言っているのかは、自分で胸に手を当て、静かに目を閉じ、深く深呼吸をし、瞑想することで声が聴けるでしょう。尋ねればよいでしょう。

 

さて、自殺をすることで肉体を無くし、善という魂だけになったあなたは、生まれ変わる前にあなたが決めてきた、前世までに犯した「罪」の「償い」を行わず、ましてや、自分で決めてきた時間まで生きなかったことへの、後悔から来る、嘆き苦しみで溢れるだけです。

しかし、後悔しても肉体があれば、やり直すこともできましたが、すでに自ら肉体を捨ててしまっているので、戻ることができないことから、嘆き苦しみだけの中から抜け出すことはできません。

これが、過去章で記した、時が来て自然死したものにはなく、自殺者だけに与えられる「彷徨いの時間」になるのです。

なぜそこまで嘆き苦しみ、そしてそこから抜け出せないのかは、あなたが善という魂だけになっていて、肉体の中にある悪い知恵を出すモノがないからです。

 

自殺-6

 

最後によく聞いてください。

あなたが今、死にたいと思うほどの境遇に置かれているのは、あなた自身が生まれ変わる前に、前世までの生で犯した罪の償いをするために、あなたが決めてきた境遇です。

償いとは、あなたの肉体を傷つけたりすることではありません。肉体を傷つけても何の役にも立ちません。肉体を傷つける苦行修行などの愚かな行為はやめなさい。

自分で乗り越えると決めてきたのに、自分で守らないということは、来世ではこの何倍ものつらい境遇を自分に与え、生まれ変わることになります。その境遇には耐えられません。ましてや、来世では自殺はできないのです。

前世の生までに犯した罪の償いの方法は、誰でもよいので困っている人を見つけて、親切にすること、施しをすること、奉仕をすること、

七つの掟を守ることです。

それにより、あなたの今の境遇は取り除かれていきます。それによりあなたはこの世に生まれてきた一つの償いを済ませたことになります。今は、あなたが待っていた「償」へのチャンスです。それができるチャンスが来たのです。

他の誰が決めたのではありません。決めてきたのはあなたです。あなたの決めた通り、望んだとおりの境遇を迎えているだけです。

この境遇を乗り越えてこそ、あなたが生まれてきた意味の一つとなります。

この章だけをお読み頂いても、自殺を考えるあなたにはわかりません。ての章、自殺以外の章もベジタリアン(ヴィーガン・ビーガン)の章も含めてすべての章を、読まなければならないことを最後に伝えます。

また、罪について、償いについて、生まれ変わってきた理由について真実を知るために、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、あなたを百%救います

最後に、あなたを自殺に追い込んだ相手が、あなたが自殺をした後にどう考えるかを必ず読むとよいでしょう。第百章:自殺へ追い込んだ者はその後

あの世で、あなたが「地獄」か「天国」のどちらに行くかを、あなた自身で選択します。私は宗教のように恐怖を植え付け、信者を獲得する必要がない、宗教団体でもないので、真実を伝えるだけです。

私には何も必要ありません。私に何か捧げたいと思うのなら、それをあなたの隣で困っている人に捧げてください。

しかし、このままでは間違いなくあなたはあなた自身で地獄を選択します。天国を選択する方法を、確実に教え、絶対にいい加減な言い回しで伝えません。神はあなたであり、大木の神は、天国であなたを待っているのです。

地獄を選択すれば、千年の間たった一人であなたが想像する、また想像できないほどの苦しみの地獄の生活を送ります。それから生まれ変わるのです。そのすべてが輪廻転生。天国へ今度こそ行きたいと思って、輪廻転生をするのです。

天国を選択すれば二度とこの世に生まれ変わることはありません。そして、選択した通りの世界へ行きます。すべて欲しいものが手に入ります。しかし、天国に行ったあなたは、全ての欲望がありません。

 

なぜ、あなたがここへ来たのかを知る方法のもう一つとして、これからは、鴻恩のために、鱗次のように綴り、その基礎をもとに、なぜ、あなたがここに来たのかを伝えます。

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺の関連ページ“>自殺の関連ページ

自殺の関連ページ

ベジタリアン・ビーガン・ヴィーガン関連ページ