第七十六章:自殺 でもいいので死にたい

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

自殺でもいいので死にたい

自殺をします2

今回は、いくつもいただくご相談の中で、気になったものがあり、ここに記すことにいたします。ただし、私が気になった部分は個人情報につながるので記載致しません。

下記がご相談の内容です。
———————————-
神様、私は死にたいです。

死にたいというのは、楽になりたいということですが、楽になれるでしょうか。

そして、来世では容姿がよくて、異性にも同性にも好まれて、今のような悩みを抱えない、そんな人間に生まれ変わることはできるでしょうか。

そんなことを夢見ています。

私は、もう死にたいです。楽になりたいです。

でも、死にたいという原因はすべて自分で作り上げたものです。

果たさなくてはならない、この世に生まれ変わってきた「償」を完結できずにいるというのに、私は逃げ出したいのです。

私は、償いのために人に親切にできたこともありますが、助けなかったこともあります。助けなかったことは、今も後悔していますが、これから人を助けて生きるほどの力が湧いてきません。

神様、私は自殺は決めてきた時間までも守らないことになるので、自殺はしない、できればしたくない、でも、神様が迎えに来てくれないなら自殺をします。

神様、私を迎えに来てください。私は、ある程度のお金をユニセフや地震があった国や、津波に襲われた国などにも寄付してきました。

神様、もう楽にしていただけないでしょうか。

———————————–

さて、私は「死にたいという原因はすべて自分で作り上げたものです。」と「私は・・・・・」の最後の長いお話で、希望をかなえて差し上げようかと思いましたが、それはできません。

人を助ける力が湧かないというのは、あなただけの問題ではなく、普通に肉体に負ける人にあることなので、心配はいりません。しかし、それを乗り越えるために、輪廻転生を行ってきたのでしょう。もう二度とあの苦しみはいやでしょう。今はあの苦しみを覚えていないだけです。

自殺をします

さて、この章を読んでいる、あなたは、あなたが決めてきた時間が近づいてきています。今、人に親切にしたり、困っている人を助けたり、奉仕という償いを行わなければ、時間がありません。

一歩前に足を踏み出して、償いを達成させてください。困っている人に声をかけ、手を差し伸べてください。

償いの方法がいかに簡単であるかは、お話してきましたので、あとは実行するだけです。
第一章から全章を自殺の前には必ず読んで下さい。そして、私がこれから記していく章も、あなたにとって意味の無い章は一章もありません。

自殺後の世界で私の全章は必ず、私のお話しした通りの今の何倍もの苦しみを知ります。
私があなたを助けることは簡単でしょう。しかし、私にとって、自殺をしたいあなたが自殺をしたとして、あなたは私が手を引いても、あの世の門から入りません。

あなたは、あなたが決めてきた時間よりも早く肉体を無くし、善の塊となったのですから、あなたはあの世の門から入るでしょうか。あなたは肉体という悪が無くなり、魂という善の塊になったので、私が手を引いても振り払い、絶対に入ることはありません。

あなたは私から離れ、あの世の門が閉じるのを、あの世の門の外で見ているでしょう。

そして、あなたは第十七章で記した通り、自殺する前の苦しみの何倍もの苦しい彷徨いを始めるのです。この苦しみに耐えられる者はいません。それでも肉体がないので自殺もできず苦しみ続けるのです。

これから自殺を行うあなたは、私が記してきたこの第一章からすべてを読みましたか。私が助けることは簡単なことかもしれませんが、私の助けなど、肉体を無くし、善の塊となったあなたは求めません。

あなたが、あなた自身で行った罪のために、罪を犯した肉体とは違う、魂という善の塊のあなたは、自分で自分を裁くのです。神も誰もあなたを責めたり裁いたりしません。

私は自殺を勧めませんが、止めもしません。

ただし、あなたに真実を伝えます。今の苦しみなど、自殺後の苦しみからすれば、あなたが今まで生きてきた人生という時間の一秒に過ぎません。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

自殺/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.