第三十五章:自殺 への導き

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

自殺への導き

今回は、自殺者や「幽霊」についてのメッセージを複数の皆さんから、頂いておりましたので、少し、そのお話をしてみたいと思います。

自殺への導き2

相談の内容は、個々にお応えしているものもありますので、私からの回答を受けている方々には重複する部分もあると思います。

相談の内容は。

Q:自殺をしても、自殺という行為が許される人はいますか?

A:いません。

但し、誤解が無いように、あくまでも、許すか、許さないか、それは、自殺者自身が決めることであり、誰かが指示命令するわけではありません。

あなたが、輪廻転生、生まれ変わる前にあなた自身で決めてきた、この世にいる時間が来るまで待たなければ、あの世の門は開かないからです。

かりに不治の病だったとしても、それは同じです。

但し、どうしても自殺をしたい人には、一ついい方法があります。

それは、他人に殺してもらうのです。

この方法であれば「自殺という行為」への罪ではありません。

あなたに代わり、あなたを殺してくれた人の、「罪」となります。

但し、わざと他人に「罪」を着せることは、それ自体「罪」となります。

また、仮に、安楽死の権限を持つ医者がいます。

その医者に対して「死にたい」と懇願し、医者が「わかりました」と答えて、あなたが死ぬことができたとしましょう。

これは、立派な「自殺」です。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

自殺/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.