第十七章:自殺 者について、彷徨いと地獄

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

自殺者について「彷徨い」と「地獄」の時間差

自殺・輪廻転生

あの世の中の時間とは、あの世の門が開き、あの世の中に入ってから、あなたが自分自身で天国よりも地獄を選択し、あなたが想像した地獄に入った瞬間から、カウントされます。

さて、以前書いたように「自殺」を行ってしまった人たちが、何よりも苦しく思われていることが、あの世の「門が開かない」次には「見つからない」。

そのために、地獄を選択することも、天国を選択すること(ありえませんが)もできない。

あの世の門が開き、「善の塊」であるあなたが、自分で地獄を選択することで、千年の苦しみを受け、千年後に地獄から出て、輪廻転生、生まれ変わり「この世」に降り、今度こそは「償」の大義を行い、あの世に戻り「天国」に行くと、あなたは決めます。

しかし、これは、あくまでも、あの世の門が開けばの話であり、自殺という、自分で決めてきた時間よりも、早く戻ったあなたには不可能です。

前回のあの世で地獄から出て、降りるときに決めた、戻る時間を守らずに、戻ってきたため、門番が、その時間に戻る人がいることをしらないことから、門を開けることができません。

門番は意地悪で開けないのではなく、外からノックしても、中にいる門番には、全く聞こえないからなのです。

さて、先にも話したように、門が開かなければ、門を探して、「彷徨う」しかありません。

彷徨っているとはいえ、「悪」という「肉体」を無くしている限り、自殺者も「善の塊」であることに変わりありません。

彷徨いながら、門を探し、その中に入るまでの時間が、自然死の人とは全く違い、とてつもない時間差の苦しみとなります。

では、門を探しあて、中に入れるまで彷徨っているのは、どれくらいの年月なのか。

自殺・輪廻転生2

それは、一万年です。

自殺者によって変わることもありません。

自殺者は、一万年の彷徨いの時間と、門が開き、地獄の千年の苦しみの世界となります。

しかし、彷徨うこと程つらいものはありません。

地獄に入れる人は、千年で、次は「償」のために、地獄から出れば、自分に合った「妊婦」さんを探すという、ある意味には目的があります。

但し、地獄に入り、出るまでの期間が、千年であることを知ることはありませんので、目的という言いかたは、少し違うかもしれません。

あなたは、地獄は、千年で出られることを知ることになりました。

彷徨いは、一万年であり、一万年が過ぎても、それから、地獄で千年が待っています。

でも、よく考えてください。

自然死も、自殺死も、結局は、やり直すチャンスを与えられていることに、何ら変わりがないのです。

自殺、自然死、どちらを選ぶのもあなたです。

自殺をしようとする人は、自殺をしなくても、明日、事故などで、あなたが決めてきた、死ぬ時間を迎えることができるかもしれない。

それに、先にも書いたように、長くても数十年後には間違いなく死ねます。

なのに、「償」はおろか、生ある時間を決めて来たのに、それすら放棄することは、損ではありませんか。

生きていれば、良いこともあるなどという、でまかせをいっているのではありません。

私は自殺をしないで下さいとか、自殺を反対しているわけでもありません。

これだけは、その人の思いなので、致し方ないことです。

でも、どれだけあがいても、明日か明後日か数十年後には必ず死ねます。

だけど、自殺をすれば、あの世の門が開かないため、数十年ではなく、一万年が待っているのです。

どちらが、「我慢」しやすいでしょう。

いま、私の話を聞いている、自殺をした皆さん、彷徨っているみなさん、私の言っていることをわかっていて、門を私に開けることを願っていますが、天国いる私でも、そんな力はありません。

門を見つけられないようにしているのも、門が開かないようにしていることも、自殺者の皆さんが、想像したことであり、誰が指示をしたことでないことは理解されているでしょう。

さて、あの世とこの世の時間差は、わかりやすく下記になります。

地獄の千年は、この世の十年です。

自然死をした人は、「肉体」を無くした日から、十年後の「この世」に生まれ変わります。

しかし、これも以前書いたように、あの世の事、あの世で決めてきたこと、前世で生きていたこと、などはすべて忘れてしまいます。

ここで、「なんだ、千年というけど、十年なのか」と考える人がいれば、それは大きな間違いです。

地獄の千年は、この世の千年と全く同じで、この世で、千年過ごすことと変わりのない時間です。

この世で「償」の大義があることに必ず気が付き、誰かの教えとされる、「生きることは、苦である」ということを知るのです。

たとえ、如何なる宗教や、神に祈っても、地獄の時間や、彷徨う時間が、短くなることは、残念ですが、絶対に無いことだけは、何度も言いますが、ありませんので、忘れないように。

また、いくら神にお願いしても、地獄の苦しみが少なくなるようなことも、ありません。

 

神の化身より

 

自殺/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.