第百二章:自殺

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

自殺

 

自殺

あなたの心のほころびを綴ることができれば、すべてなくしたと思いますか。あなたは一度くらいは躊躇したでしょう、いや何度も躊躇したでしょう。

傍らに優しくしかし触れもせず、そんな人がいれば立ち止まって考える事でしょう。侘しくないでしょうか、優しくされたら死を選ばないなんて、自殺を辞めるなんて、結局は誰かのせいにして死を選んでいるあなたは寂しがり屋だったというだけじゃないですか。

自殺

自殺の理由は、何かに責められていたり、いじめであったり、理不尽な追い込みであれ、最後は誰かが近くにいても寂しいということが恥ずかしいことだと思い、それが言えなくて、その相手すら恨んで自殺をするのでしょう。

何かを追いかけていたことがあるでしょう。遠く過ぎ去ったと思うその追いかけていたものと同じように、本当は今もあるのです。

寂しいから逃げていくだけです。あなたは。

生きるということに、甘い香りを求めるのは哀れなことです。生きるということは自分のためではなく、他者への奉仕です。あなたより貧しかったり困っている人は必ずいるのです。その人たちに手を差し伸べて、助けるために生きているのです。

生きる目的はそれ以外には何もありません。それが輪廻転生を行った罪の償いです。

あなたのあこがれる来世は戯れであったり、ありふれた日常であったり、今よりももっと夢のある世界だったりするのでしょうか。

あなたは前世で死ぬ時に同じことを考えて死を迎えたことを忘れています。しかし、どうでしょうか。前世より今生は苦しいでしょう。自分で決めてきた時間まで生きることを守らなければ、天国に行けないどころか、今生よりはるかに苦しい来世がやってくるだけです。

声を上げれば、いつでもあなたを今生にとどめようとする人はあなたの前に立つのです。でも何を言おうと自殺を選ぶのでしょうか。その前に、一度でいいので、部屋から出てまぶしい空を眺めて見て下さい。

はるか彼方へ旅立ち彷徨いという最も苦しい世界へ行くのが、まぶしい光を眺めることで本当に良いのか考え、生きていることを知るでしょう。

自殺2

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

自殺/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.

 

「第百二章:自殺」への2件のフィードバック

    1. kaminokeshin より:

      この話は多くの人に伝えてほしい。ありがとう

コメントは受け付けていません。