第七十七章:罪 を無くす

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

罪を無くす

肉体は思い通りには動きません。

肉体は意に反した行いをすることがよくあります。

肉体に動かされる人は、哀れな人です。

儚い夢を追い、儚い夢に彷徨い、時を無駄にしては何のために輪廻転生を行ったのか、後悔をしても時は元に戻りません。しかし良いことをするのは、ここにきて輪廻転生したことの意味を知った今からでも遅くはありません。

良いことを一つすると、罪が一つ無くなります。良いことを二つすれば、罪が二つ無くなります。

罪を無くす

良いことというのは、いかに簡単なことなのかは、何度か記しました。肉体に負けず、心を動かして良いことを行って下さい。七つの掟を始めてください。

あなたは、あなたが決めてきた最後の時に近づいてきていることを知らなくてはなりません。持ち時間は刻一刻と無くなっていきます。他者に親切にすることができるチャンスは今です。

あなたが今生で犯した罪、その罪の数より多く、良いことを行ってください。

犯した罪よりも多く良いことを行うことで、今生での罪はもちろんのこと、前世やそれ以前の生で犯した罪の償いも行ったことになります。それによって肉体を無くしたあなたの行く場所がどこになるのか、それが天国です。

何度も言います。自分の肉体を傷つける苦行修行などの愚かな行為はやめなさい。それでは良いことをしたことには全くなりません。良いことは七つの掟を守ることです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

罪/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.