第四十九章:天国-奉仕と施し

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

天国-奉仕と施し

奉仕と施し

あなたがいつでも行わなければならないことは、「奉仕」と「施し」です。

奉仕と施しを行う機会に恵まれたなら、それを生かすのです。

街を歩けば、施しができる機会が必ずあります。

あなたは、施しができる「瞬間」を逃してはなりません。

あなたが今生に降りてくるときに決めてきた、七つの掟の中には、奉仕と施しが入っています。

■施し奉仕は、「する」ことではなく「させて頂く」ものです。

■施し奉仕が、できるチャンスを頂けたことに感謝してください。

■施し奉仕を、させて頂ける相手に対して感謝の気持ちをもってください。

奉仕や施しが簡単であることは、すでに過去章で話しました。

奉仕と施し2

簡単ですから、この世にいる間、ルーティーン日課とすれば、「罪」の「償い」のうちの一つが完了するのです。

人を殺していても大丈夫、施しで、「罪」の「償い」ができるのです。

ある意味、人を殺すことは特段罪ではありませんが、それよりも本当に大きな罪「人を傷つける、悲しませる」を犯していても、今日ここへ来た日から、それらの「罪」を行わず、施しを日課とすれば大丈夫です。

但し、ここに来ても、「罪」を犯すのならば、それは仕方のないことです。

でも、奉仕と施しを日課にできれば、これで、七つの掟の一つは完了できます。

奉仕と施し5

 

施しの方法の一例を第八章から下記に抜粋します。

***********

電車に乗って、座席が空いていたので座ったら、何駅かでご老人の方が乗車してきました。

この時に、「どうぞ、こちらへ」この一言がいえれば、天国は近づきます。

横断歩道で、赤信号待ちをしていると老人や目の不自由な方と出くわしたとします。

「手を持つので、一緒にわたりましょう」という。これで、天国に近づきます。

なぜ、これでよいのかと考える前に、行動に移してみてください。

そして、横断歩道を渡った後、席を譲った後、相手からどのような言葉がでるでしょうか。

それは人によっては「大きなおせっかいです」という人もいます。

または「ありがとう」と言ってくれる人もいます。

どちらでも構わないのです。 大切なのは「言葉を発した」かどうかなのです。

仮に「ありがとう」といわれれば、自分が「相手のためになれたこと」その事に必ず、あなたは感謝します。

その時、自分の胸に手を当ててごらんなさい。

相手の言う「ありがとう」は、自分が相手に対して「このような場面を作っていただいて、本当にありがとうございました」と言っています。

そして、手を当てた、その胸の自分は喜びに満ちています。

自分の手を当てた胸とは何のかはいずれお話します。

今からあなたがこのことを実践できるのか、または、そのような場面に遭遇できるのか、、、、、、、このことを考えられるべきです。

そのような場面に遭遇できたときには「ラッキー」と思うことでしょう。

それは、それの繰り返しこそが、「罪」の「償い」になるのですから。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

罪/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.