第九十九章:信仰と宗教

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

信仰と宗教

 

信仰と宗教

他者の信仰に言葉を投げてはなりません。自分の信仰を他者に勧めてはなりません。

あなたがいかなる宗教に入ろうとも他者を勧誘したり、価値のない品物を高額な価格で売り付けたりだけはしてはなりません。

宗教への入信は自然に自ら行うものであり、他者に勧誘されて入るものではありません。また、多額の寄付金(お布施)を要求する宗教があれば考えるべきです。第十四章でお話をした一割を忘れないでください。

 

キリスト教であろうと、イスラム教であろうと、ヒンドゥー教であろうと、その他の宗教であろうと、新興宗教であろうと、あなたにとってはこの世の許しを請うものであり、これから肉体を無くす日までの、少しだけ正しい道を示すためにあるものです。

宗教というものは他章で話した通り、この世にしか存在しません。この世では許されたと思われた罪は、あの世という世界にあなたが行った時には、あなた自身が許すことはありません。

いかなる宗教もあまり変わりはないのです。もし、自分の信じる宗教は他のどのような宗教よりも正しく素晴らしいと思っていたとしたら、それは間違いです。

命とは肉体にだけあるもので、肉体を無くした魂にはありません。

宗教

あなたが嫌う人種がいたとしましょう。その人種もあなたと同じように神に手を合わせるのです。言葉は違っても涙は一緒です。それと同じであなたの祈る神もまたあなたの嫌う人種と同じです。誰をも嫌ってはなりません。いかなる宗教も嫌ってはなりません。許すことが大切です。

宗教を持たない者はいません。あなたの家の葬式宗教というものを考えればよいかと思います。

特に一つの宗教にこだわる必要はありません。その時々に合わせてもよいのです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身の言葉を皆様に解るように変換して書くものです。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

Copyrightmc 輪廻転生.神 All Rights Reserved.