輪廻転生-Ⅱ子どものまま死ぬ:第六章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

輪廻転生-Ⅱ子どものまま死ぬ

 

輪廻転生17

子どものまま死ぬために生まれた子どもたちへ

私の書きかたを、冷淡に感じる方もいるかもしれませんが、哀傷のためでなく、選ばれた人たちに伝えなければならないことに、早くいきつくために書いています。

それを忘れないで読み進んでください。

流産の話は前回しましたので、死産の場合について簡単にお話します。

死産とは、地獄という自分で作った世界から出たあなたが、善となりあの世から、妊婦を探す中で、最後の最後まで悩み続けた結果、選択しなかった妊婦に、起こることです。

では、死産ではなく、心臓の鼓動とともに生まれてきたにもかかわらず、数時間や言葉が話せるくらいになって、死んでいく子がいるのでしょう。

人が生まれ変わるのは、「償い」という言葉のためであることは以前話しました。

でも、生まれて数時間や言葉も話せて一人で歩けて遊べて、それでも、死んでしまうのでは「償い」をしに来たことには当然のことながら、なりません。

これは、最初から魂が宿っていなかったからなのです。なぜ、宿っていないのに生まれてきて、死ぬことになったのかというと、授かった親「親」が選んだ、自分の前世やそれ以前の生の「償い」のためです。神が決めたのではありません。

流産や死産も、その中に多少は含まれますが、抱いた我が子のぬくもりということです。

償いにならない人もいますが、この話はいずれ書ければと思います。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)